Product Documentation

オプション

Jul 08, 2016

ここでは、[Import Applications]画面の[Install Capture]タブのツールバーと、Install Capture処理の実行中にアプリケーションに適用できるそのほかのオプションについて説明します。 Install Captureを使用して、.msi、.appv、または.sftファイルがないアプリケーションをインポートします。

[Install Capture]タブのツールバー

[Import Applications]画面の[Install Capture]タブのツールバーには、次のオプションがあります。

Use Auto Click – 選択したアプリケーションのキャプチャでオートクリッカーを使用する場合は、このチェックボックスをオンにします (選択した実行プロファイルがオートクリッカーをサポートする場合にのみ適用されます)。選択したアプリケーションにオートクリッカーを使用しない場合はこのチェックボックスをオフにします。 詳しくは、「自動クリッカー」を参照してください。

注:[Use Auto Click]チェックボックスが無効な場合、その理由はアプリケーションが一覧に含まれるかどうかによって異なります。 一覧が空であるとき、デフォルトの実行プロファイルがオートクリッカーをサポートしないか、デフォルトの実行プロファイルに UseAutoClick 置き換え可能パラメーターが含まれない場合に、チェックボックスが無効になります。 一覧にアプリケーションが含まれるとき、個別のアプリケーションごとに、アプリケーションに対して選択した実行プロファイルがオートクリッカーをサポートしないか、その実行プロファイルに UseAutoClick 置き換え可能パラメーターが含まれない場合に、チェックボックスが無効になります。 実行プロファイルについて、後でさらに説明します。

Extract embedded MSIs - MSIではないインストーラーの中には、.msiファイルが埋め込まれているものがあります。 .msiファイルを抽出するにはこのボタンをクリックします。 抽出された.msiファイルがアプリケーションと共に一覧表示されます。

VM Configuration(ボックスの一覧) - 使用する仮想マシン構成を選択します。 このボックスには、[Install Capture Settings]ダイアログボックスでセットアップした仮想マシン構成が一覧表示されます。

Import into Group - 作成済みのグループを一覧表示します。 選択したアプリケーションをインポートするときに自動的に追加するグループを選択します。

Configuration[Install Capture Settings]を開きます。

アプリケーションごとのオプション

[Import Applications]画面の[Install Capture]タブの次のオプションは、アプリケーションごとに個別に設定できます。 オプションが表示されていない場合は、アプリケーション名の左側の[+]をクリックして、アプリケーションのオプションパネルを開きます。

Install Captureのオプション

Execution profile(最初のドロップダウンボックス) - キャプチャ処理中に仮想マシンで実行されるタスクとリソースを制御します。 一覧から実行プロファイルを選択するとき、現在のアプリケーションに対する実行プロファイルのコピーが自動的に作成されます。 このコピーの名前は、元の名前にアスタリスク(*)を付けたものになります。 これは、このアプリケーションのみについて実行プロファイルをカスタマイズできるということを意味します(後の[Customize]を参照してください)。 変更をデフォルトに戻すには、(アスタリスクが付かない)対応する基本実行プロファイルをこのボックスの一覧から選択します。 これにより、現在のアプリケーションに対して実行プロファイルのデフォルト設定のコピーが作成されます。

AppDNAを新規にインストールしたときのデフォルトの実行プロファイルはSnapshotと呼ばれます。 これは主に次の3つの段階から構成されます。

  1. Before snapshot - 仮想マシンの状態を分析します。ファイルシステムとレジストリエントリのすべてが分析されます。
  2. Launch command - MSIではないアプリケーションインストーラーを実行します。
  3. After snapshot - 仮想マシンの状態を再度分析します。ファイルシステムとレジストリエントリのすべてが分析されます。

Before snapshotとAfter snapshotにおける仮想マシンの状態の違いは、アプリケーションのインストールにより加えられた変更を表します。 キャプチャ処理でこの情報を使用して、AppDNAにインポートする.msiファイルを作成します。その後で仮想マシンをインストール前の状態にリセットします。

ほかの実行プロファイルを使用することができ、異なる実行プロファイルをデフォルトとして設定できます (AppDNAに付属の実行プロファイルの一覧と、それをアクティブ化する方法については、「実行プロファイル」を参照してください)。

Customize - クリックすると[Edit Execution Profile]ダイアログボックスが開き、現在のアプリケーションに対して実行プロファイルを編集できます。 たとえば、置き換え可能パラメーター(プレースホルダー)を設定したりオプションを編集したりできます。 その後にデフォルト設定に戻す必要が出てきた場合は、(アスタリスクが付かない)元の実行プロファイルをボックスの一覧で選択します。

Automatic - このチェックボックスはデフォルトでオンになっています。キャプチャ処理は自動的に行われ、成功の場合は、必要な手動インストールオプションの選択以外のユーザー操作が不要です。 アプリケーションの前提要件となるコンポーネントをインストールする必要がある場合は、このチェックボックスをオフにします。 その場合は、Install Captureは手動モードで実行され、ユーザーが各段階を制御できます。

Load input file - インポートするのがMSIではないインストーラーから抽出する.msiファイルなのか、Install Captureで作成される.msiファイルなのかを制御します。 インストーラーから抽出する.msiをロードする場合は、このチェックボックスをオンにします。 ただし、一般に、生成される.msiを使用する方が安全です。一部のインストーラーには複数の.msiファイルが含まれており、AppDNAにロードできるのは1つだけだからです。

Quick Edit Parameters - ドロップダウンリストとテキストボックスから構成されます。 ドロップダウンリストの値は、実行プロファイルで使用する置き換え可能パラメーター(プレースホルダー)です。 これらの置き換え可能パラメーターの値は自動的に入力されるので、通常はユーザーが編集する必要はありません。 ただし、たとえばサイレントインストールを実行するために、インストールコマンドにスイッチを追加する必要がある場合があります。 置き換え可能パラメーターとしてこのボックスに入力する値により、実行プロファイルまたは仮想マシン構成の置き換え可能パラメーターに保存されている対応する値が上書きされます。

ドロップダウンリストに表示される置き換え可能パラメーターは実行プロファイルによって異なりますが、通常は次のものが含まれます。

  • App:InstallCommand - アプリケーションのインストールを開始するコマンドです。 Active DirectoryまたはConfigMgrを通じてアプリケーションを管理している場合は、テキストボックスの値はActive DirectoryまたはConfigMgrから取得されます。 それ以外の場合は、AppDNAによって msiexec /i "input_file" (.msiファイルの場合)と "input_file" (ほかの種類のインストールファイルの場合)の形式のコマンドが作成されます。 インストーラーで受け入れられる、任意のコマンドラインオプションを指定できます。 たとえば、サイレントスイッチを追加するとよいでしょう。.msiファイルについては、変換やログオプションを指定できます。
  • App:InstallDriveLetter - Active DirectoryまたはConfigMgrを通じて管理しているアプリケーションをインポートする場合にのみ当てはまります。インストールディレクトリの\\server\share部分をマップするときに使用されるドライブ文字を表します。
  • App:InstallWrkDir - Active DirectoryまたはConfigMgrを通じて管理しているアプリケーションをインポートする場合にのみ当てはまります。インストールコマンドにより使用される作業フォルダーを表します。
  • UseAutoClick - オートクリッカーを有効にしてキャプチャを実行する場合は、これを--use-autoclick に設定します (実行プロファイルがオートクリッカーをサポートしている必要があります)。オートクリッカーをオフにする場合は、この値を空にします。 詳しくは、「自動クリッカー」を参照してください。 前のボックスの一覧で実行プロファイルを変更すると、この値に加えた変更は失われます。