Product Documentation

セルフプロビジョニング

Jul 08, 2016

セルフプロビジョニングは、AppDNAにインポートするためにデスクトップアプリケーションをキャプチャする、そして、たとえばApp-VまたはXenApp用にアプリケーションをパッケージ化するための代替メカニズムを提供します。 キャプチャとパッケージ化は、AppDNAとは別のマシンで行います。 このマシンをセルフプロビジョニングクライアントマシンと呼び、マシンの種類は仮想、物理、またはVDIのどれでも構いません。

セルフプロビジョニングにより、AppDNAへのアクセス権を持たないアプリケーションの専門家がキャプチャ処理を実行できます。 アプリケーションの専門家がAppDNAに依存せず都合の良いときにインストールできるように、AppDNA管理者が制御情報を準備して公開します。

セルフプロビジョニング機能は、デスクトップアプリケーションのすべての種類のインストールパッケージ(MSIおよび非MSI)およびApp-V(.sftおよび.appv)に使用できます。

セルフプロビジョニングクライアントではInstall Captureと似たアプローチがとられ、実行プロファイルによって制御されます。 セルフプロビジョニングで使用できる実行プロファイルは、Install Captureで使用できる実行プロファイルをミラー化しています。 デフォルトで、Snapshot実行プロファイルが使用されます。 このプロファイルでは、セルフプロビジョニングマシンのスナップショットを作成し、アプリケーションをインストールし、マシンのスナップショットを再度作成します。 Before snapshotとAfter snapshotにおけるマシンの状態の違いは、アプリケーションのインストールにより加えられた変更を表します。 セルフプロビジョニングクライアントでこの情報を使用して、AppDNAにインポートするMSIファイルを作成します。

マシンを元の状態にリセットしないという点で、セルフプロビジョニング機能はInstall Captureと異なります。 したがって、各キャプチャは新しいマシンで実行することをお勧めします。 この違いにどう対処するかは管理者しだいです。専用の物理マシンをセットアップすることも、マシンの状態を簡単にリセットできるVDIのような仮想化技術を使用することもできます。

セルフプロビジョニング機能は次の2つのモードで使用できます。

  • 接続 - このモードでは、AppDNAクライアントとセルフプロビジョニングクライアントの両方がネットワークファイル共有にアクセスできます。
  • 切断 - このモードでは、セルフプロビジョニングクライアントとAppDNAクライアントは異なるネットワーク上にあり、同じネットワークファイル共有にアクセスできません。 このモードでは、AppDNAによりクライアント指示ファイルと実行プロファイルがパッケージ化され、管理者がこのパッケージを、たとえばFTPでエンドユーザーに渡します。 次にエンドユーザーがセルフプロビジョニングクライアントの出力を、たとえばFTPで管理者に渡します。

次の図は、セルフプロビジョニング処理の概要を示しています。


セルフプロビジョニングの概要

注:クライアント指示ファイルは、セルフプロビジョニングクライアントがキャプチャまたはパッケージ化タスクを実行するために使用する制御ファイルです。 クライアント指示ファイルは、エンドユーザーが対象の人間が読める指示ではありません。