Product Documentation

Self-Provisioningの監視

Jul 08, 2016

セルフプロビジョニングクライアントを使用してアプリケーションをキャプチャする場合、いつでも処理のログを表示できます。 [Progress and Logs]のログを開くには、ウィンドウ右側の緑の矢印をクリックします。 ログを閉じる場合は、ログの上の緑の矢印をクリックします。

Error:The directory name is invalid

第1段階でこのエラーが発生する場合は、通常、セルフプロビジョニングクライアントでAppDNA VM構成ツールのいずれかが見つからないことを意味します。

AppToolsFolder置き換え可能パラメーターで適切なフォルダーを参照する必要があります。これを行うには、[Replaceables]タブを使用します(「セルフプロビジョニングの設定」を参照)。 その後で、アプリケーションを再公開または再エクスポートしてください(「セルフプロビジョニングの管理」を参照)。