Product Documentation

[Self-Provisioning]ツールバー

Jul 08, 2016

[Import Applications]画面の[Self-Provisioning]タブを使用して、セルフプロビジョニング処理を管理します。 接続と切断のどちらのモードを使用するかに応じて、手順が異なります。

[Self-Provisioning]タブを開くには:

  1. AppDNAのサイドバーから[Import & Analyze][Applications]の順に選択します。
  2. [Self-Provisioning]タブをクリックします。

[Import Applications]画面の[Self-Provisioning]タブのツールバーには、次のオプションがあります。

Publish - 選択したアプリケーションについて、セルフプロビジョニングクライアントの指示ファイル( appcapture.descと呼びます)を作成します。 セルフプロビジョニングクライアントで指示ファイルを使用して、AppDNAにインポートするアプリケーションをキャプチャします。

Refresh status - 画面上のアプリケーションの状態を更新します。 これにより、接続モードで実行されたセルフプロビジョニングキャプチャの結果で画面が自動的に更新されます。

Load published – 前に公開されたアプリケーションをロードします。 検索オプションを指定して[Search]をクリックします。 公開された指示ファイルがある一致するアプリケーションが検索され、[Self-Provisioning]タブに一覧表示されます。 アプリケーションは、その状態およびAppDNAにインポート済みかどうかにかかわらず一覧表示されます。

Load results - 切断モードの場合は、エンドユーザーから送信される結果でアプリケーションの状態を更新します。 エンドユーザーから送信されるセルフプロビジョニングの出力ファイルの場所を指定して、[Search]をクリックします。

Manifest list – すべての公開済みクライアント指示ファイルと、対応するアプリケーションの一覧が含まれるCSV形式のテキストファイルを作成します。 この一覧を使用して、アプリケーションの専門家のユーザーに送信する電子メールを作成したりすることができます。

Move to Import - 状態が[Completed]の選択したアプリケーションを、通常の方法でAppDNAにインポートするために[Direct Import]タブに移動します。 アプリケーションは[Self-Provisioning]タブから削除されます。

Configuration - [Settings]ダイアログボックスの[Self Provisioning]ページを開きます。 詳しくは、「セルフプロビジョニングの設定」を参照してください。