Product Documentation

Install Captureの設定

Jul 08, 2016

[Settings]ダイアログボックスには、AppDNAの全般的なオプションが含まれます。 [Settings]ダイアログボックスを開くには、メニューから[Edit][Settings]の順に選択します。

このダイアログボックスで変更を加えたら、[Save]をクリックして変更を保存します。

[Virtual Machines]タブ

[Settings]ダイアログボックスの[Install Capture]ページの[Virtual Machines]タブを使用して、Install CaptureおよびForward Pathのタスクで使用する仮想マシン構成を表示、追加、編集、および削除します。 各構成には、[Import Applications]画面の[Install Capture]タブの[Select VM Configuration]ボックスの一覧に表示される一意の名前があります。 異なる要件を満たすため、複数の構成を作成できます。

[Virtual Machines]タブのツールバーには次のオプションがあります。

  • New - 新しい仮想マシン構成を追加します。 仮想マシン構成ウィザードが開きます。
  • Edit - 仮想マシン構成ウィザードを開きます。ここで、選択した構成に必要な修正を加えられます。 仮想マシン構成はこの方法で編集することをお勧めします。 このボタンをクリックする前に、一覧から構成を選択します。
  • Advanced - 既存の構成の設定を表示し編集するための、[Virtual Machine Configuration]ダイアログボックスが開きます。 このボタンをクリックする前に、一覧から構成を選択します。 詳しくは、「[Virtual Machine Configuration]ダイアログボックス」を参照してください。
  • Delete - 選択した構成を削除します。
  • Set as default – 仮想マシン構成が複数ある場合、このボタンを使用してデフォルトの構成を設定します。 この構成は、[Import Applications]画面の[Install Capture]タブのドロップダウンリストでデフォルトで選択されます。
注:仮想マシン構成はユーザー単位で格納されます。 これは、このダイアログボックスおよび[Import Applications]画面の[Install Capture]タブのボックスの一覧には、現在ログオンしているAppDNAユーザーアカウントで作成した仮想マシン構成のみが表示されるということを意味します。

[Execution Profiles]タブ

実行プロファイルは、Install Capture処理の実行中に仮想マシンで実行されるタスクとリソースを制御します。 上級ユーザーは、[Execution Profiles]タブで実行プロファイルを作成および編集できます。

[Execution Profiles]タブには次のオプションがあります。

  • New - 新しい実行プロファイルを追加します。 [Edit an execution profile]ダイアログボックスが開きます。
  • Edit - [Edit Execution Profile]ダイアログボックスを開きます。ここで、選択した実行プロファイルに必要な変更を加えられます。
  • Delete - 選択した実行プロファイルを削除します。
  • Set as Default - 選択した実行プロファイルをデフォルトの実行プロファイルに設定します。 これは、たとえば[Import Applications]画面の[Install Capture]タブの実行プロファイルのドロップダウンボックスで、デフォルトで選択されるということを意味します。
  • Import - XMLファイルから実行プロファイルをインポートします。 前に保存したXMLファイルでも、Citrixが提供するXMLファイルでも構いません。
  • Export - XMLファイルに実行プロファイルをエクスポートします。 この機能を使用して、実行プロファイルを変更する前にバックアップを作成することをお勧めします。

[Settings]タブ

[Install Capture Settings]の[Settings]タブには次の設定があります。

Skip virtual machine system check – [Install Capture]タブでアプリケーションをインポートする際、[Import Applications]画面で[Import]をクリックしたときにAppDNAによる仮想マシン構成の確認を行わない場合は、このチェックボックスをオンにします。 確認を有効にする場合はこのチェックボックスをオフにします。