Product Documentation

Self-Provisioningの設定による

Jul 08, 2016

[Settings]ダイアログボックスには、AppDNAの全般的なオプションが含まれます。 [Settings]ダイアログボックスを開くには、メニューから[Edit][Settings]の順に選択します。

[Settings]ダイアログボックスの[Self-Provisioning]ページを使用して、セルフプロビジョニングを構成し、スタンドアロンのセルフプロビジョニングクライアントをユーザーに表示する方法をカスタマイズします。 たとえば、ようこそ、完了、およびエラーのテキストや、会社のロゴも追加できます。

このダイアログボックスで変更を加えた後、[Save]をクリックして変更を保存します。

[全般]タブ

Output Path ‐デフォルトの値(\\\\appdna_capture)を出力を共有する場所のパスに置き換えます。 これにより、セルフプロビジョニングクライアントの指示ファイルの格納場所が定義されます。 接続モードの場合は、セルフプロビジョニングクライアントが出力を格納する場所も定義されます。

Logo - ユーザーがスタンドアロンのセルフプロビジョニングツールを実行するときに表示する、会社のロゴを追加します。

[Execution Profiles]タブ

実行プロファイルにより、セルフプロビジョニングクライアントマシンで実行されるタスクとリソースが制御されます。 [Execution Profiles]タブには、既に存在する実行プロファイルが一覧表示されます。 各実行プロファイルには、プロファイルの識別に使用する一意の名前があります。この名前は、たとえば、[Import Applications]画面の[Self-Provisioning]タブの実行プロファイルのボックスの一覧に表示されます。

[Execution Profiles]タブには次のボタンがあります。

New - 新しい実行プロファイルを追加します。 [Edit an execution profile]ダイアログボックスが開きます。

Edit – 選択した実行プロファイルを編集します。 [Edit an execution profile]が開き、ここで、選択した実行プロファイルに必要な修正を加えられます。

Delete - 選択した実行プロファイルを削除します。

Set as Default - 選択した実行プロファイルをデフォルトの実行プロファイルに設定します。 これは、[Import Applications]画面の[Self-Provisioning]タブの実行プロファイルのボックスの一覧で、デフォルトで選択されるということを意味します。

Import - XMLファイルから実行プロファイルをインポートします。 前に保存したXMLファイルでも、Citrixが提供するXMLファイルでも構いません。

Export - XMLファイルに実行プロファイルをエクスポートします。 この機能を使用して、実行プロファイルを変更する前にバックアップを作成することをお勧めします。

[Replaceables]タブ

[Self-Provisioning Settings]の[Replaceables]タブを使用して、セルフプロビジョニングツールで使用する実行プロファイルの置き換え可能パラメーターの値を定義します。 ただし、ここで定義する置き換え可能パラメーターの値は、実行プロファイル自体または[Import Applications]画面の[Quick Edit Parameter]ボックスで明示的に定義される置き換え可能パラメーターの値によって上書きされます。

置き換え可能パラメーターは、実行時に提供される値で置き換えられるプレースホルダーです。 実行プロファイルに置き換え可能パラメーターを含めるときの構文は$(replaceable_name)です。ここで、replaceable_nameは置き換え可能パラメーターの名前です。

AppToolsFolder置き換え可能パラメーターは、Citrix AppDNA VM構成ツールのMSIによりセルフプロビジョニングクライアントマシンにインストールされるツールの場所を指定するために使用します。 これらはデフォルトで、次の場所にインストールされます。C:\Program Files\Citrix\AppDNA\VM Configuration(または、64ビットマシン上のC:\Program Files (x86)\Citrix\AppDNA\VM Configuration)。 AppToolsFolder置き換え可能パラメーターのデフォルト値は、%APPDNAVMCONFIG%環境変数を使用します。 これは、ツールが実際にインストールされた場所を格納します。 ツールがインストールされたときにAppDNA VM構成ツールのMSIによって作成されます。

セルフプロビジョニングのために置き換え可能パラメーターの値を定義するには、次のいずれかの手順に従います。

  • 一覧に値を変更する置き換え可能パラメーターがある場合は、それを選択して[Edit]をクリックします。 [Edit Text]ダイアログボックスが開きます。ここで、新しい値を入力したり貼り付けたりできます。
  • 一覧に値を変更する置き換え可能パラメーターがない場合は、[New]をクリックします。 [Edit Replaceable]ダイアログボックスが開きます。ここで、新しい置き換え可能パラメーターと値を入力できます。

内部的に使用される置き換え可能パラメーターを、次の一覧に示します。 これらの置き換え可能パラメーターの値は自動的に設定されるため、手動設定は不要です。

  • App:InstallCommand
  • App:InstallDriveLetter
  • App:InstallWrkDir
  • App:Manufacturer (Forward Pathのタスクスクリプトでのみ使用されます)
  • App:Name (Forward Pathのタスクスクリプトでのみ使用されます)
  • App:Version (Forward Pathのタスクスクリプトでのみ使用されます)
  • Capture:ImportInputFile
  • Capture:InputFile
  • Capture:Mode
  • Capture:OutputFile
  • Capture:OutputDirectory
注:置き換え可能パラメーター名にコロン(:)が含まれることに注意してください。 これは、これがCitrixにより定義されている内部の置き換え可能パラメーターであることを示します。 独自の置き換え可能パラメーターを作成する場合は、名前にコロンを含めないように注意してください。 これにより、その名前が将来Citrixで提供される内部置き換え可能パラメーターと重複する可能性がなくなります。 名前のうちコロンの前の部分は、置き換え可能パラメーターの用途を示します。 たとえば、Appはその置き換え可能パラメーターが処理中のアプリケーションの情報を提供すること、Captureはその置き換え可能パラメーターが現在のキャプチャ状態と関連することを示します。

[Text]タブ

[Text]タブを使用して、スタンドアロンのセルフプロビジョニングツールのユーザーに表示されるテキストを定義します。

Error Text - エラーが発生したときに表示されます。

Completion Text - アプリケーションのキャプチャが完了したときにユーザーに表示されます。

Welcome Text - ツールを起動したときにユーザーに表示されます。

[詳細]タブ

Restore Defaults - セルフプロビジョニング設定のすべてをデフォルト値に復元します。 たとえば、作成されたすべての置き換え可能パラメーターと、デフォルトの実行プロファイルに加えた変更が削除されます。

[Save]をクリックして変更を保存します。