Product Documentation

Webアプリケーション

Jul 08, 2016

WebアプリケーションとWorxWeb、Internet Explorer、またはFirefoxの互換性をテストするには、まずアプリケーションをAppDNAにインポートする必要があります。

Webアプリケーションは、2つの異なるアプローチまたはその両方を組み合わせてインポートできます。

  1. AppDNAの指向スパイダーで実行時のHTMLページをクロールして、AppDNAにインポートするMSIにキャプチャします。
  2. Webソースファイルを、AppDNAにインポートするMSIにキャプチャします。
  3. これらのアプローチの両方を組み合わせて使用します。

これらの機能はすべて、AppDNAの[Import Web Applications]画面で実行できます。 または、スタンドアロンのWebアプリケーションキャプチャツールを使用してこれらの機能を実行し、生成されたMSIをAppDNAにインポートできます。

[Import Web Applications]画面を開くには:

  • AppDNAのサイドバーから[Import & Analyze][Web Applications]の順に選択します。

[Import Web Applications]画面には次の2つのタブがあります。

  • Web Capture Import – このタブを使用して、WebアプリケーションのMSIへのキャプチャとインポートを1回の操作で行います。 Webアプリケーションの実行時のHTMLファイルまたはソースファイルをキャプチャするか、より総合的な分析のために両方をキャプチャできます。 実行時のHTMLページをキャプチャする場合は、AppDNAの指向スパイダーが起動されます。
  • [Web Direct Import]タブ – このタブを使用して、スタンドアロンのWebアプリケーションキャプチャツールでMSIファイルにキャプチャしたWebアプリケーションをインポートします。 AppDNAにはスタンドアロンの2つのWebアプリケーションキャプチャツールが用意されています。 これらのツールはAppDNAがインストールされていないマシンで実行できます。
注:スパイダーは、Webページをクロールし、リンク先にアクセスし、アクセスしたすべてのページのコピーを作成するプログラムを指す汎用的な用語です。