Product Documentation

MSIの生成

Jun 09, 2016

ここでは、スタンドアロンのWebアプリケーションソースMSI変換ツールを使用して、Webアプリケーションのソースファイルを含むフォルダーからMSIを生成する手順について説明します。

注:スタンドアロンの指向スパイダーの出力とWebアプリケーションのソースファイルを組み合わせたMSIを作成する場合は、2種類のファイルを1つのフォルダーにまとめてから、次の手順に従って作業する必要があります。
  1. Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、[Citrix AppDNA][Web Application Source to MSI Converter]の順に選択します。
  2. 必要であれば、ツールバーの[Configure]をクリックして、使用するオプションを設定します。

    それらのオプションと次の手順のオプションについては、「スタンドアロンのMSI変換ツール」を参照してください。

  3. [Select][Search for Folders]、または[Import List]をクリックして、変換するWebアプリケーションのソースファイルを含むフォルダーを選択します。

    選択したフォルダーがウィンドウに一覧表示されます。

  4. MSIを作成するフォルダーを選択します。
  5. [Start]をクリックして処理を開始します。

MSI生成ツールの[Status]列に、処理が成功したかどうかが表示されます。「Completed」は処理が正常終了したことを意味します。 処理が失敗した場合は、[Refresh]をクリックしてログを表示します。 ログには、問題の原因を理解する助けになる情報が含まれています。

出力

スタンドアロンのWebアプリケーションソースMSI変換ツールの出力は、[Configuration]ダイアログボックスで指定したフォルダーに配置されます。 各アプリケーションの出力は、フォルダー名、日付、およびタイムスタンプに由来する名前の個別のフォルダーに格納されます。

[Import Web Applications]画面の[Web Direct Import]タブでMSIをAppDNAにインポートします。 詳しくは、「Webからの直接インポート」を参照してください。