Product Documentation

処理

Jul 08, 2016

このトピックでは、AppDNAの指向スパイダーを使用したWebアプリケーションのキャプチャについて説明します。 このトピックは、「Webアプリケーションのキャプチャのインポート」または「スタンドアロンスパイダーによるWebアプリケーションのキャプチャ」の説明に従って、指向スパイダーを既に開始していることを前提としています。

AppDNAの指向スパイダー

AppDNAの指向スパイダーは、指定されたURLをInternet Explorer(IE)のブラウザーウィンドウで開きます。 その次の処理は、手動モードまたは自動モードのどちらを使用しているかによって異なります。

1つのWebアプリケーションのキャプチャ処理が完了したとき、一覧にほかのものがあれば、スパイダーはそのアプリケーションに移動します。

手動モード

手動モードでは、Webアプリケーションを手動で操作して、キャプチャするすべてのページにアクセスする必要があります。 重複するページをキャプチャするためにこのオプションを選択した場合は、変更部分が構成可能なしきい値を超えた場合に、スパイダーがそのページを自動的にキャプチャします(ただし、指定されたキャプチャ回数を超えていないことが条件となります)。

必要に応じて、リンクを右クリックして[Open in new tab]を選択することができます。 その場合、スパイダーはそのリンクを新しいウィンドウで開きます。 スパイダーは、追跡している各ウィンドウに一意のインデックス番号を付与し、すべてのアクティブなウィンドウの一覧をスパイダーウィンドウの右側に表示します。 ページを強制的にキャプチャするには、この一覧で目的のウィンドウを右クリックして[Capture Page]を選択します。

必要に応じて、スパイダーウィンドウの[Go Automatic]をクリックすると、自動モードに切り換わります。 その場合、スパイダーは2番目以降のウィンドウを閉じ、1番目のウィンドウ(インデックス0)を使用して自動モードを続行します。

完了したらWeブラウザーのウィンドウを閉じます。 これで、Webアプリケーションのキャプチャは終了します。

自動モード

自動モードでは、選択した構成オプションに従って、スパイダーが自動でWebアプリケーションのページをクロールし、リンク先にアクセスします。

[Form User Interaction]設定をオンにした場合は、Webページにフォームが検出されると、[Form Encountered]ダイアログボックスが開きます。 可能な場合は、入力ボックスが黄色で強調表示されます。 ただし、入力ボックスがグラデーションでカスタマイズされているなどの理由で、これが不可能なときもあります。

その後、スパイダーはユーザーが次のボタンのいずれかをクリックするのを20秒間待機します。

  • Continue - ダイアログボックスを閉じてWebアプリケーションのキャプチャ処理を続行するにはこれをクリックします。
  • Ignore - このページの入力フィールド、およびWebアプリケーションのほかの各ページの同じ入力フィールドをスキップする場合はこれをクリックします。 これは、たとえば各ページに無視したい検索フォームがある場合に役に立ちます。 このページの入力フィールドのみをスキップする場合は、[Continue]をクリックします。
  • Ignore all - このページのフォーム、およびWebアプリケーション内でこれ以降スパイダーが検出する、各ページのすべてのフォームをスキップする場合は、これをクリックします。
  • Wait - フォームに入力して送信する場合はこれをクリックします。 スパイダーはユーザーが[Continue]をクリックするまで待機します。

20秒以内に応答しない場合は、フォームがスキップされ処理が続行されます。