Product Documentation

Webアプリケーションのインポート

Jul 08, 2016

このトピックでは、[Import Web Applications]画面のツールバーについて説明します。

ツールバー

Add - ([Web Capture Import]タブでのみ使用できます)[Select Web Application]ダイアログボックスを開きます。ここで、Webアプリケーションの実行時のHTMLファイルのURL、ソースファイルの場所、またはその両方を指定できます。

URLsボタンURLs- ([Web Capture Import]タブでのみ使用できます)ブックマークからWebアプリケーションのURLを選択します。

Browse - ([Web Direct Import]タブでのみ使用できます)スタンドアロンのWebアプリケーションキャプチャツールでMSIファイルにキャプチャした、個々のWebアプリケーションを選択します。

Search - ([Web Direct Import]タブでのみ使用できます)スタンドアロンのWebアプリケーションキャプチャツールでMSIファイルにキャプチャしたWebアプリケーションのディレクトリ構造を、再帰的に検索します。 これをクリックすると[Search for Applications]ダイアログボックスが開きます。

Select - 失敗したインポート、警告付きのインポート、成功したインポートを選択できます。

Import List - ([Web Direct Import]タブでのみ使用できます)スタンドアロンのWebアプリケーションキャプチャツールでMSIファイルにキャプチャしたWebアプリケーションの、あらかじめ定義された一覧をインポートします。 [Import an Application List]ダイアログボックスが開きます。

Delete – 選択したアプリケーションをアプリケーションの一覧から削除します。

Cancel - 現在実行中の処理をキャンセルします。

Import – 選択したWebアプリケーションをインポートします。

Analyze - インポート後にデータを分析します。 [Application List]画面を使用して、後でアプリケーションを分析することもできます。

Configuration – 「Webインポート設定」で説明されているオプションを設定します。

[Select Web Application]ダイアログボックス

[Select Web Application]ダイアログボックスを使用して、Webアプリケーションの名前、その実行時のHTMLファイルのURLまたはそのソースファイルの場所、またはその両方を指定します。 このダイアログボックスを開くには、[Import Web Applications]画面でツールバーの[Add]をクリックします。

Name - AppDNA内でのWebアプリケーションの名前です。

URL - 実行時のHTMLページをクロールするスパイダーを使用してWebアプリケーションをキャプチャする場合は、ここにURLを指定します。

Source folder - Webアプリケーションのソースファイルをキャプチャする場合は、そのフォルダーの場所を指定します。

注:URLまたはソースフォルダーを指定する必要があります。 ただし、最も総合的な分析を行うために両方を指定することもできます。