Product Documentation

Jul 08, 2016

このトピックでは、[Discover Applications]画面の列について説明します。 「アプリケーション一覧」で説明しているように、列をドラッグすることによって、その列のデータに基づいて検出済みのアプリケーションをグループ化できます。

[Discover Applications]画面の列は次のとおりです。

Rationalize – 検出されたアプリケーションの合理化状況です。Review、Migrate、Retireのいずれかになります。 検出されたアプリケーションは、最初はReview状態になります。 状態を変更するときは、この列のドロップダウンリストを使用して手動で行います。 検出された複数のアプリケーションの状態を変更するには、この列でCtrlキーまたはShiftキーを押しながらアプリケーションを選択して右クリックし、[Review][Migrate]、または[Retire]を選択します。

Name – アプリケーションの名前です。 [Application Details]ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスには、アプリケーションを実行したユーザーとマシンの名前を含む、アプリケーションの詳細情報が表示されます。 たとえば、アプリケーションのインストーラーが見つからず、実際にアプリケーションを使用するユーザーに問い合わせる場合に便利です。 詳しくは、「検出されたアプリケーションの詳細」を参照してください。

Manufacturer - アプリケーションの製造元です。

Version - アプリケーションのバージョン番号です。

Installed machines - アプリケーションがインストールされているコンピューターの数です。

% Installed machines – SysTrackで追跡された全コンピューターのうちのアプリケーションがインストールされているコンピューターの割合です。 この値は整数に丸められます。そのため、たとえば、0%でも該当するマシンがないとは限らず、100%でもすべてのマシンが該当するとは限りません。

Active machines – SysTrackデータベースの対応する期間にアプリケーションが実際に使用されたコンピューターの数です。

% Active machines – アプリケーションがインストールされている全コンピューターのうちのアクティブなコンピューターの割合です。

Active users – SysTrackデータベースの対応する期間にアプリケーションを実際に使用したユーザーの数です。

% Active users – アプリケーションの全ユーザーのうちのアクティブなユーザーの割合です。

Usage count – SysTrackデータベースの対応する期間にアプリケーションが使用された合計回数です。

Usage per year – SysTrackデータベースの対応する年数で使用回数を割った値です。

Usage per month – SysTrackデータベースの対応する月数で使用回数を割った値です。

Usage per day – SysTrackデータベースの対応する日数で使用回数を割った値です。

First usage – SysTrackで検出されたアプリケーションの最初の使用日です。

Last usage – SysTrackで検出されたアプリケーションの最後の使用日です。

Managed - アプリケーションがActive DirectoryまたはConfigMgrの管理対象アプリケーションとマッチ済みかどうかを示します。

Imported – 検出されたアプリケーションがマッチされている管理対象アプリケーションがAppDNAにインポート済みかどうかを示します。

Best Suggestion - アプリケーションとマッチする管理対象アプリケーションが存在するかどうか、および存在する場合はその信頼度を示します。 可能な値には、[Perfect]、[Excellent]、[Good]、[Average]、[Poor]、[None]があります。 マッチ処理について詳しくは、「マッチ処理のアルゴリズム」を参照してください。