Product Documentation

検出の設定

Jul 08, 2016

[Settings]ダイアログボックスには、AppDNAの全般的なオプションが含まれます。 [Settings]ダイアログボックスを開くには、メニューから[Edit][Settings]の順に選択します。

[Settings]ダイアログボックスの[Discovery]ページを使用して、Lakeside SysTrackデータベースの接続の詳細情報を入力します。 AppDNAではSysTrackデータベースを使用して、エンタープライズ内で使用されているアプリケーションの情報を提供します。 詳しくは、「アプリケーションの検出」を参照してください。

使用できるオプションは、次のとおりです。

Server name - SysTrackデータベースをホストするサーバーです。 「<Machine>\<Instance>」形式で入力します。ここで、<Machine>はSQL Serverをホストするマシンの名前で、<Instance>は名前付きのSQL Serverインスタンスを使用する場合のインスタンス名です。 名前付きのインスタンスを使用しない場合には、バックスラッシュ(\)を省略します。

Database name - SQL ServerのSysTrackデータベースの名前です。

Authentication - SysTrackデータベースへの接続に使用する認証の種類を選択します。 使用できるオプションは、次のとおりです。

  • Windows Authentication - この種の認証では、ログオンに使用するWindowsユーザーアカウントをデータベース接続に使用します。
  • SQL Server Authentication - この種の認証では、適切なユーザー名とパスワードを提供する必要があります。

User name - 上で[SQL Server Authentication]を選択した場合は、AppDNAがSysTrackデータベースに接続するときに使用するユーザー名を入力します。 [Windows Authentication]を選択した場合は、空白のままにします。

Password - 上で[SQL Server Authentication]を選択した場合は、AppDNAがSysTrackデータベースに接続するときに使用するパスワードを入力します。 [Windows Authentication]を選択した場合は、空白のままにします。

[Test]をクリックし、接続をテストします。 成功すると「Success」と表示され、そうでなければエラーメッセージが表示されます。 必要であればエラーメッセージの情報を使用して問題を修正し、接続を再テストします。

[Save]をクリックして変更を保存します。