Product Documentation

検出されたアプリケーションのインポート

Jul 08, 2016

AppDNAデスクトップアプリケーションをインポートするには、そのインストールパッケージまたはApp-Vパッケージファイル(.sftまたは.appvファイル)が必要です。 インストールパッケージは、Windowsインストーラーパッケージ(.msiファイル)でもほかの種類のインストールパッケージでも構いません。 Active DirectoryまたはConfiguration Managerで管理されるアプリケーションについては、それらのアプリケーションと検出されたアプリケーションを照合し、Active DirectoryまたはConfiguration Managerの展開情報を使用してインポートするだけです。 管理対象外のアプリケーションについては、インストールパッケージの場所を[Import Applications]画面で指定する必要があります。 ここでは、その最も簡単な方法を説明しています。

検出された管理対象アプリケーションのインポート

注:現在、次の手順でインポートできるのは、MSIパッケージを使用してインストールされた管理対象アプリケーションだけです。 それ以外の種類のインストーラーの場合は、[Managed Applications]画面を使用してAppDNAにインポートしてください。
  1. サイドバーから[Import & Analyze][Discover Applications]の順に選択します。
  2. 検出されたアプリケーションと管理対象アプリケーションとの関連付け」の説明に従って、検出されたアプリケーションと管理対象アプリケーションをリンクします。
  3. [Discover Applications]画面のツールバーで、[Add to import list]をクリックします。

    これをクリックすると、[Import Applications]画面が開き、[Direct Import]タブにまだインポートされていない選択済みのアプリケーションの一覧が表示されます。 詳しくは、「直接インポート」を参照してください。

  4. [Import Applications]画面のツールバーで、[Import]をクリックします。

検出された管理対象外のアプリケーションのインポート

  1. AppDNAのサイドバーから[Import & Analyze][Discover Applications]の順に選択します。
  2. 検出されたアプリケーションの一覧をフィルターして、インポートするアプリケーションだけになるように絞り込みます。 フィルターの一覧については、「検出されたアプリケーションのフィルター」を参照してください。
  3. [Discover Applications]画面のツールバーで、[Export][Application Import List]の順に選択します。
  4. [Save As]ダイアログボックスで、エクスポートファイルの適切な名前と場所を指定し、[Save]をクリックします。

    アプリケーションの一覧がCSVファイルに保存されます。このファイルは、[Import Applications]画面でインポート一覧として使用できます。 インポート一覧の使用について詳しくは、「一覧からのインポート」を参照してください。

  5. ファイルをExcelで開きます。
  6. [Filename]列に各アプリケーションのインストールパッケージの名前と場所を入力します。たとえば、「\\server\folder\filename.msi」です。 .msi、.sft、または.appvファイルの場合、[Execution Profile]列は空欄のままにします。 それ以外の形式のインストールパッケージの場合は、使用する実行プロファイルの名前を入力します。
  7. オプションで、[Silent Switch]列に「/s 」と入力し、[Group]列にアプリケーションをインポートするグループの名前を入力します。
  8. 詳細情報の追加が完了したら、ファイルをCSV形式で保存します。
  9. AppDNAのサイドバーから[Import & Analyze][Import Applications]の順に選択します。
  10. [Import Applications]画面のツールバーで[Import from List]をクリックし、手順8で保存したファイルを選択して[Import]をクリックします。

    画面にアプリケーションが一覧表示されます。 あとは通常の方法でアプリケーションをインポートできます。