Product Documentation

Active DirectoryおよびConfiguration Managerコレクションによるグループの作成

Jul 08, 2016

Active DirectoryおよびConfiguration Managerで検出されたグループ構造に基づいて、アプリケーションのグループを作成できます。

ただし、Active DirectoryやConfiguration Managerのグループ構造がAppDNAのグループに直接関連付けされるわけではないことに注意してください。 AppDNAのグループは、ポートフォリオ内のアプリケーションを構造化し整理するのに便利な、単なるアプリケーションのセットです。 グループ内のアプリケーションは、ポートフォリオ内の残りのアプリケーションとは別に、簡単に確認したりレポートを作成したりできます。 Active DirectoryおよびConfiguration Managerにおいて、グループ構造はユーザーとコンピューターのセットを表します。このユーザーとコンピューターの一部は、実際のユーザーとコンピューターを表すことも、たとえば認証に使用するダミーアカウントを表すこともあります。

Active DirectoryおよびConfiguration Managerのグループ構造の中には、(事業部、部門、および地理的な場所のような)組織構造や、ハードウェアまたはソフトウェアシナリオを反映するものがあります。 たとえば、ロンドンの財務部門の事務所を表すActive Directoryグループや、フランスのデザイナーを表すグループを構成できます。 同様に、モバイルデバイスを管理するConfiguration Managerコレクションや、Windows Server 2012が動作するサーバーを管理するコレクションを構成できます。

管理対象アプリケーションはActive DirectoryグループおよびConfiguration Managerコレクションに対して展開されるので、これらのグループおよびコレクションからAppDNAの運用上の見通しを立てられます。 フランスのデザイナーを表すActive Directoryグループには、デザイナーが使用する特別なアプリケーションが関連付けられている可能性があります。 このActive Directoryグループに基づいてAppDNAグループを作成する場合は、Active Directoryグループに展開された管理対象アプリケーションはAppDNAグループに自動的に追加されます(これらの管理対象アプリケーションがインポートされている場合、または既にAppDNAに含まれるアプリケーションにリンクされている場合)。 その後で、AppDNAでこのアプリケーショングループの分析とレポート作成を簡便に実行できます。

注:表示される管理対象アプリケーションの数には、Active DirectoryグループまたはConfiguration Managerコレクションに展開されているもののみが含まれます。 これは、Active DirectoryグループまたはConfiguration Managerコレクションのメンバー(ユーザーおよびコンピューター)に展開されている管理対象アプリケーションの数と必ずしも同じではありません。

グループを作成するには

  1. AppDNAのメニューで、[Configure][AD & ConfigMgr][Manage Groups]の順に選択します。
    • 画面左側には、AppDNAで作成済みのグループが表示されます。
    • 画面の右側にActive Directoryの組織単位(OU)とグループ、およびConfiguration Managerコレクションがツリー形式または一覧で表示されます。
    • 画面下部には、[Deployments]または[Applications]のどちらを選択するかに応じて、画面右側で選択した項目に対して展開されている管理対象アプリケーションか、その管理対象アプリケーションに対してリンクされているAppDNAのアプリケーションが表示されます。
  2. 画面右側で、新しいAppDNAグループの基になる項目をクリックします。
  3. 画面左側のツリー内の項目を配置したい位置に、画面右側から項目をドラッグします。 または、左側のツリー内の新しいグループを表示する位置の上にある項目をクリックし、[Create]をクリックします。

    Active DirectoryまたはConfiguration Managerの項目に子項目がある場合は、入れ子になったグループに対応するセットが作成されます。 Active DirectoryグループまたはConfiguration Managerコレクションに関連付けられているアプリケーションが、新しく作成されるアプリケーショングループにAppDNAにより自動的に追加されます。 Active DirectoryグループまたはConfiguration Managerコレクションに20を超えるアプリケーションが関連付けられている場合は、続行するかどうかを確認する警告メッセージがAppDNAにより表示されます。

    [AD & ConfigMgr Collections]画面で作成したグループは、[Manage]、[Groups]で表示および編集できます。

関連付けられたアプリケーションのグループへの追加

Active DirectoryグループまたはConfiguration Managerコレクションに関連付けられているアプリケーションをAppDNAグループに追加するには、次の手順を実行します。

  1. AppDNAのメニューで、[Configure][AD & ConfigMgr][Manage Groups]の順に選択します。
  2. アプリケーションを追加するグループをクリックします。
  3. 画面右側で、グループまたはスイートに追加するアプリケーションが関連付けられている項目をクリックし、[Add]をクリックします。

    Active DirectoryグループまたはConfiguration Managerコレクションに展開したアプリケーションがその後変更された場合、その変更を反映するようにAppDNAグループを更新する必要があります。