Product Documentation

管理対象アプリケーションのインポート

Jul 08, 2016

Active DirectoryまたはConfiguration Managerを通じて展開したときに使用したインストールメディアを使用して、管理対象アプリケーションをAppDNAにインポートします。

管理対象アプリケーションをインポートするには

  1. AppDNAのサイドバーから[Import & Analyze][Managed Applications]の順に選択します。
  2. [Managed Applications]画面の一覧で、インポートするアプリケーションを選択します。

    適切なインストールを選択したこと、修復またはアンインストールのインストールを選択していないことを確認します。 1つのパッケージに複数のインストールがある場合は、そのうちの1つのみ、なるべくなら展開済みのもの([Users]列または[Computers]列の件数が0より大きいインストール)を選択したことを確認します。

  3. 必要に応じてツールバーのオプションを選択します。

    実行プロファイルは、Install Captureによるインポートでのみ使用されます。 MSIパッケージの場合は、そのMSIを直接インポートした方がInstall Captureを使用するよりも短時間で簡単にインポートできます。 MSIではないパッケージは、常にInstall Captureを使用してインポートします。

  4. ツールバーの[Add to import list]をクリックします。

    [Import Applications]画面が開きます。 インポートのために選択したMSIパッケージは[Direct Import]タブに一覧表示されます。 インポートのために選択したMSIではないパッケージは[Install Capture]タブに一覧表示されます。

  5. アプリケーションをインポートする準備ができたら、[Import]をクリックします

アプリケーションをグループ化するには

インストールが標準の名前(「Per-system attended」など)を持つ場合は、一覧をインストールごとにグループ化すると便利な場合があります。 これを行うには、一覧の上にある[Drag a column header here to group by that column]領域に[Installation]列をドラッグします。 これにより、一覧がインストール名ごとにグループ化されます。

インストールのパッケージを表示するには、グループを開きます。 次に、使用するインストールの種類を選択します。 Per-system unattendedやPer-user unattendedのような複数のインストールを使用して展開されているパッケージが存在する可能性があることに注意してください。

アプリケーションをインストールの種類に基づいてグループ化して選択したら、[Package]列でグループ化して複数のインストールが選択されていないことを確認できます。 直接インポートでインポートされるアプリケーションは、選択したインストールの数にかかわらず1回のみインポートされます。 ただし、Install Captureでインポートされるアプリケーションは、各インストールが個別にインストールされます