Product Documentation

管理対象アプリケーションのインポート

Jul 08, 2016

ここでは、Active DirectoryまたはConfigMgrの管理対象アプリケーションをインポートする手順について説明します。

  1. AppDNAのサイドバーから[Import & Analyze][Managed Applications]の順に選択します。
  2. [Managed Applications]画面で、インポートする管理対象アプリケーションを選択します。

    適切なインストールを選択したこと、修復またはアンインストールのインストールを選択していないことを確認します。 1つのパッケージに複数のインストールがある場合は、そのうちの1つのみ、なるべくなら展開済みのもの([Users]列または[Computers]列の件数が0より大きいインストール)を選択したことを確認します。

  3. ツールバーで必要なオプションを選択します。
    • Execution Profile - 実行プロファイルはInstall Captureのインポートにのみ使用します。 デフォルトの実行プロファイルはSnapshotと呼ばれます。 詳しくは、「Install Captureのオプション」を参照してください。
    • Use direct MSI Import - MSIパッケージを直接インポートする場合は、このチェックボックスをオンにします。 この設定は有効にすることをお勧めします。 MSIパッケージを直接インポートする代わりにInstall Captureを使用する場合は、このチェックボックスをオフにします。 Install CaptureよりMSIの直接インポートのほうが高速で単純なため、これはお勧めのオプションではありません。 MSIではないパッケージは、常にInstall Captureを使用してインポートします。

    Install Capture用システムの構成については、「Install Capture」を参照してください。

  4. ツールバーの[Add to import list]をクリックします。

    [Import Applications]画面が開きます。 インポートのために選択したMSIパッケージは[Direct Import]タブに一覧表示されます。 インポートのために選択したMSIではないパッケージは[Install Capture]タブに一覧表示されます。

  5. アプリケーションをインポートする準備ができたら、ツールバーの[Import]をクリックします。

    インポート処理について詳しくは、「直接インポート」を参照してください。