Product Documentation

管理対象アプリケーションのリンク

Jul 08, 2016

Active DirectoryやConfiguration Managerで管理されるアプリケーションとAppDNAにインポート済みのアプリケーションとの関連付け(リンク)は、Active DirectoryおよびConfiguration Managerのデータの構成において重要です。 これにより、Active DirectoryおよびConfiguration Managerのユーザー、コンピューター、グループ、および組織単位に対して展開されているアプリケーションの、RAG状態のレポートをAppDNAで作成できるようになります。 [Managed Applications]画面および[Discover Applications]画面でインポートした管理対象アプリケーションは、自動的にリンクされます。

管理対象アプリケーションをリンクするには、[Configure][AD & ConfigMgr][Link Managed Applications]の順に選択します。

デフォルトでは、[Link Managed Applications]画面の左側に管理対象アプリケーションが表示され、右側にAppDNAにインポート済みのアプリケーションが表示されます。 さらに、左側は[Installation]列によってデフォルトでグループ化されます。 一覧のグループ化を解除して、管理対象アプリケーションをフラットリストで表示した方がわかりやすい場合があります。 これを行うには、[Installation]ボックスを[Package]列見出しと[Manufacturer]列見出しの間にドラッグします。

後で[Installation]列の値で再グループ化する場合は、[Installation]列見出しをドラッグして黄色のバーに戻します。

重要: 複数のインストールがある管理対象アプリケーションをリンクするときは、修復およびアンインストールのインストールを無視し、ほかのすべてのインストールを同じインポート済みアプリケーションにリンクします。

項目をクリックすると、画面下部にその項目の詳細情報が表示されます。