Product Documentation

管理対象アプリケーションとインポート済みアプリケーションの自動マッチ

Jul 08, 2016

自動マッチ機能を使用すると、AppDNAにインポート済みのアプリケーションと管理対象アプリケーションを自動的に関連付けることができます。

  1. AppDNAのメニューで、[Configure][AD & ConfigMgr][Link Managed Applications]の順に選択します。
  2. [Link Managed Applications]画面の左側中央に向かって[Installation]ボックスをドラッグし、[Package]列と[Manufacturer]列の見出しの間に配置します。

    ここには、管理対象アプリケーションの一覧がフラットリストとして表示されます。

  3. 上部の[Matching]セクションで、[Mode]ボックスの一覧から[Match: Managed to Imported]を選択します。
  4. 使用する値を[Score threshold]に入力します。または、デフォルト値の20のままにします。

    AppDNAでは、管理対象アプリケーションとインポート済みアプリケーションをマッチさせるための基準としてこの値が使用されます。 各マッチフィールド(名前、製造元、バージョン、およびパス)に10ポイントを割り当てることによって、スコアが計算されます。 右側のチェックボックスを使用して、マッチするフィールドを選択できます。

  5. 左側の管理対象アプリケーションの一覧の上にある[Show unlinked only]チェックボックスをオフにします。
  6. 右側のインポート済みアプリケーションの一覧の上にある[Show unlinked only]チェックボックスをオフにします。
  7. [Find Matches]をクリックし、管理対象アプリケーションとインポート済みアプリケーションのマッチを開始します。

    マッチしたアプリケーションの名前が[Application]列に、マッチスコアが[Score]列に表示され、マッチスコアが[Score threshold]以上の管理対象アプリケーションが選択されます。

    • スコアしきい値以上のスコアを持つマッチした管理対象アプリケーションがすべて自動的に選択されますが、必要であれば選択内容を手動で変更できます。
    • しきい値未満のマッチは選択されません。 この場合、スコアを調査してマッチするかどうかを決定し、マッチする項目を手動で選択します。
  8. マッチを確認し、必要に応じて選択を変更します。
  9. 画面上部の[Save Associations]をクリックすると、選択したマッチが保存されます。