Product Documentation

管理対象アプリケーションとインポート済みアプリケーションの手動マッチ

Jul 08, 2016

AppDNAにインポート済みのアプリケーションと管理対象アプリケーションを手作業で関連付けることもできます。

  1. AppDNAのメニューで、[Configure][AD & ConfigMgr][Link Managed Applications]の順に選択します。
  2. [Link Managed Applications]画面の左側中央に向かって[Installation]ボックスをドラッグし、[Package]列と[Manufacturer]列の見出しの間に配置します。

    ここには、管理対象アプリケーションの一覧がフラットリストとして表示されます。

  3. 上部にある[Matching]セクションで、[Mode]ボックスの一覧から[Match: Managed to Imported]を選択します。
  4. 管理対象アプリケーションの一覧で、マッチさせる管理対象アプリケーションの隣のチェックボックスをオンにします。 アプリケーションに複数のインストールがある場合、すべてのチェックボックスをオンにします。
  5. インポートされたアプリケーションの一覧で、選択した管理対象アプリケーションとマッチさせるアプリケーションをクリックします。
  6. 関連付けるには、緑のチェックマーク をクリックします。これは、画面の[Managed Applications]側のツールバー上にあります。

    [Show unlinked only]チェックボックスがオンの場合は、マッチした管理対象アプリケーションとインポート済みアプリケーションの両方が一覧に表示されなくなります。

  7. 再び表示されるようにするには、画面の両側で[Show unlinked only]チェックボックスをオフにします。

    マッチさせた管理対象アプリケーションとインポート済みアプリケーションが表示されるようになります。 管理対象アプリケーションの[Application]列にマッチしたアプリケーションの名前が表示されることに注意してください。

  8. 関連付けを削除するには、管理対象アプリケーションを選択し、上のツールバーの赤い×印 をクリックします。

    これにより、リンクが削除され、マッチしたアプリケーションの名前が[Application]列に表示されなくなります。

  9. 変更を保存するには、画面上部の[Save Associations]をクリックします。