Product Documentation

データのロード

Jul 08, 2016

管理対象アプリケーションの状態を事業部や部門別などで表示する組織レポート機能を使用するには、最初にActive Directory(AD)およびSystem Center Configuration ManagerのデータをAppDNAにロードする必要があります。

AppDNAのADおよびConfigMgrデータのロードウィザードを使用すると、ADおよびConfiguration Managerからデータを直接または間接にロードできます。 間接オプションには、AppDNAから独立して実行できるツールのダウンロードが含まれます。たとえば、Configuration Manager管理者はConfiguration Managerサーバーでそのツールを実行できます。 これは、AppDNAマシンからこの操作を行うために必要な資格情報がない場合に便利です。

ADおよびConfiguration Managerのデータは読み取り専用のAPIを使用して抽出されます。つまり、ADまたはConfiguration Managerのデータは変更されません。

Active Directoryからデータを抽出するときは、AppDNAにロードする組織単位を選択します。 関連付けられているすべてのADグループ、ユーザー、コンピューター、およびADからこれらのエンティティに展開されているアプリケーションの展開情報が、自動的に抽出された後でAppDNAデータベースにロードされます。 複数のドメイン(たとえば、フォレストに属しているすべてのドメイン)からデータを抽出する場合は、各ドメインに対してウィザードを実行する必要があります。

Configuration Managerからデータを抽出するときは、前回の抽出以降の関連する変更をすべて自動的に抽出するか、ロードするパッケージとアプリケーションを(個別にまたはまとめて)選択するかを選択できます。 この操作により、選択したパッケージとアプリケーションおよび関連するすべてのConfiguration Managerコレクション、ユーザー、およびコンピューターが、展開情報と共に抽出されてロードされます。 削除されたパッケージまたはアプリケーションが含まれる場合、対応するConfiguration ManagerデータがAppDNAデータベースから削除されます。 ただし、関連付けられているアプリケーションがAppDNAにインポート済みの場合は、削除されたConfiguration Managerエンティティへのリンクは削除されますが、そのアプリケーションはAppDNAに保持されます。

注:
  • 最良の結果を得るために、Active DirectoryとConfiguration Managerの両方のデータをAppDNAにロードしてください。 通常、Active Directoryは組織構造に関する豊富なデータを提供し、Configuration Managerは集中管理されているアプリケーションのデータを提供します。
  • 大きなConfiguration Managerサイトからデータを抽出するときにはかなりの時間がかかります。 ユーザーやデバイスの数が多いほど、処理にかかる時間が長くなります。 大きなConfiguration Managerサイトからデータを抽出するときには、アプリケーションまたはパッケージ(またはその両方)のデータを2,000個ずつのバッチで抽出して、抽出を夜間に実行することをお勧めします (この場合、大きなConfiguration Managerサイトとは、パッケージとアプリケーションの合計数が5,000を超えているか、ユーザーまたはコンピューターの合計数が50,000を超えている、またはその両方に当てはまるサイトです)。