Product Documentation

Active DirectoryおよびConfiguration Managerのデータの間接ロード

Jul 08, 2016

Active DirectoryおよびConfiguration Managerのデータを間接的にロードする場合は、AppDNAを使用せずにActive Directoryドメインコントローラー上またはConfiguration Managerサーバー上でデータを抽出できます。 つまり、AppDNAユーザーにActive DirectoryやConfiguration Managerデータへのアクセス権を付与したり、Active DirectoryやConfiguration Managerの管理者がAppDNAをインストールしたりする必要はありません。

次の図は、手順の概要を示しています。

  1. AppDNAのメニューで、[Configure][AD & ConfigMgr][Load Data]の順に選択します。

    ADおよびConfigMgrデータのロードウィザードが開きます。 デフォルトではウィザードの[Load Type]ページが開きますが、 前回AppDNAにログオンしてから既にこのウィザードを開いたことがある場合は、そのとき開いていたページが再び開きます。 必要に応じて、[Previous]をクリックして[Load Type]ページに戻ります。

  2. [Load Type]ページで[Indirect Load]を選択し、[Next]をクリックします。
  3. [Indirect Load]ページで、[Download]をクリックして.zipファイルを適切な場所に保存します。

    この.zipファイルには、スタンドアロンの抽出ツール、同期データ、ツールの実行に関するドキュメント(.pdfファイル)が含まれています。

  4. スタンドアロン抽出ツールを実行するユーザーに、このツールの.zipファイルを送ります。 通常、Active DirectoryまたはConfiguration Managerの管理者がこのツールを実行します。 .zipファイルの送信には、メール、FTP、共有ネットワークドライブ経由など、任意の方法を使用できます。
  5. 管理者は、この抽出ツールを実行してデータを抽出します。

    ツールの実行方法については、「AppDNA ADおよびConfigMgrデータ抽出ツール」またはダウンロードした.zipファイルに含まれるPDFファイルを参照してください。

  6. ツールを実行した後、管理者は生成された.sgzファイルをAppDNAユーザーに送ります。
  7. [Indirect Load]ページに戻り、[Import the extracted data][Browse]をクリックします。
  8. [Open]ダイアログボックスで、AppDNAにロードする抽出されたデータを含む.sgzファイルを選択して、[Open]をクリックします。
  9. [次へ]をクリックします。
  10. [Summary]ページで詳細を確認し、[Next]をクリックして操作を開始します。

    進行状況を示す情報が表示されます。 含まれるデータの量によってはかなりの時間がかかります(数時間かかる場合もあります)。 その間にAppDNAでほかのタスクを実行するのは構いませんが、 操作が完了するまでAppDNAを終了したり、お使いのコンピューターやAppDNAサーバーコンピューターの電源を切ったりしないでください。

  11. [Progress]ページに操作の完了が示されたら、[Finish]をクリックします。
  12. Active DirectoryまたはConfiguration Managerの管理者が抽出した.sgzファイルが複数ある場合は、各ファイルについて手順7.~11.を繰り返します。