Product Documentation

Active Directoryデータのロード

Jul 08, 2016
ここでは、1つの操作でActive Directory(AD)データをAppDNAにロードする手順について説明します。
  1. AppDNAのメニューで、[Configure][AD & ConfigMgr][Load Data]の順に選択します。

    ADおよびConfigMgrデータのロードウィザードが開きます。 デフォルトではウィザードの[Load Type]ページが開きますが、 前回AppDNAにログオンしてから既にこのウィザードを開いたことがある場合は、そのとき開いていたページが再び開きます。 必要に応じて、[Previous]をクリックして[Load Type]ページに戻ります。

  2. [Load Type]ページで、[Active Directory (AD)]を選択し、[Next]をクリックします。
  3. [Active Directory Connection Details]ページが開く場合は、次のように詳細を入力して、[Next]をクリックします。
    オプション説明
    Domain controllerActive Directoryドメインの名前を入力します。空白のままにすると、現在のマシンが接続されているドメインが自動的に使用されます。 複数のドメイン(たとえば、フォレストに属しているすべてのドメイン)からデータを抽出する場合は、各ドメインに対してウィザードを実行する必要があります。
    UsernameActive Directoryへの接続に使用するユーザー名を指定します。空白のままにすると、ログオンしているWindowsユーザーの資格情報が使用されます。
    Passwordユーザー名を入力した場合はここでパスワードを指定します。

    このページは、初めてこのウィザードを使用してActive Directoryデータの直接ロードを実行するときにのみ開きます。 後で詳細を変更する必要がある場合は、[Previous]をクリックして[Load Type]ページに戻ります。 その後、メニューから[Edit][Settings]の順に選択し、「Active Directoryの設定」で説明されている詳細を変更してから続行します。

  4. [Organizational Units (OUs)]ページで、AppDNAにロードするために抽出するOUを選択します。 通常は、ADを使用してアプリケーションが展開されているOUか、Configuration Managerを使用してアプリケーションが展開されているユーザーおよびデバイスを含むOUを選択します。

    デフォルトでは、OUを選択すると自動的に下位OUも選択されます。 この動作を変更するには、[Automatically select nested OUs]チェックボックスをオフにします。

  5. [次へ]をクリックします。
  6. [Summary]ページで詳細を確認し、[Next]をクリックして操作を開始します。

    進行状況を示す情報が表示されます。 含まれるデータの量によってはかなりの時間がかかります(数時間かかる場合もあります)。 その間にAppDNAでほかのタスクを実行するのは構いませんが、 操作が完了するまでAppDNAを終了したり、お使いのコンピューターやAppDNAサーバーコンピューターの電源を切ったりしないでください。

  7. [Progress]ページに操作の完了が示されたら、[Finish]をクリックします。

別のドメインからデータをロードする場合は、次のドメインに対して前記の手順を繰り返します。