Product Documentation

アクティブ化

Jul 08, 2016

ライセンスのアクティブ化は、たとえば評価モードで実行した後で製品版ライセンスを購入したり、AppDNAをStandardエディションからEnterpriseエディションにアップグレードしたりした場合に、ライセンスファイルを特定のAppDNAデータベースに適用するプロセスです。 たとえばレポートを表示できるアプリケーションの数を増やすために、ライセンス済みのデータベースに対して追加のライセンスファイルをアクティブ化できます。 XenDesktopまたはXenAppのPlatinumライセンスで、AppDNAデータベースをアクティブ化することもできます。

ライセンスをアクティブ化するとき、ライセンスはAppDNAライセンスサーバーにインポートされ、特定のAppDNAデータベースに適用されます。

注:製品版ライセンスをアクティブ化すると、分析後もまだロックされているすべてのアプリケーションのロックを解除する十分なアプリケーションライセンスがある場合に、自動的にアプリケーションのロックが解除されます。 空いているアプリケーションライセンスが十分にない場合には、後で[Apply Licenses]画面でアプリケーションのロックを解除する必要があります。

ライセンスファイルをアクティブ化するには

  1. AppDNAサーバーマシンで、Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、[Citrix AppDNA][Management Tools][Configure AppDNA]の順に選択します。
  2. AppDNA環境構成ウィザードの最初のページで、[Licensing]を選択します。
  3. [License Management]ページで、[Activate]を選択します。
  4. [Choose Database]ページで、ライセンスをアクティブ化するデータベースを選択します。
  5. AppDNAの評価版または商用ライセンスをアクティブ化するには、[Activate now]をクリックします。
    1. [License server machine]の右側の[Copy]をクリックして、www.citrix.comに貼り付けるマシン名をクリップボードにコピーします。
    2. www.citrix.comにログオンし、ライセンスファイルを割り当ててダウンロードします(手順については、http://support.citrix.com/article/CTX134678を参照してください)。
      重要:複数のCitrix製品を購入した場合は、AppDNAライセンスをほかのCitrix製品のライセンスとは別にダウンロードする必要があります。
    3. ライセンスファイルをダウンロードしたら、[License file]ボックスにその名前と場所を入力します。
  6. XenDesktopまたはXenAppのPlatinumライセンスでAppDNAをアクティブ化するには、[Activate a XenDesktop or XenApp Platinum license]をクリックします。
    1. [Machine]ボックスに、XenDesktopまたはXenAppのライセンスサーバーがインストールされているマシンのホスト名またはIPアドレスを入力します。
    2. [Port]ボックスに、ライセンスサーバーのポートを入力します。 デフォルトでは27000です。 ただし、異なるポートが使用されることがあります。 不明な場合は、XenDesktopまたはXenAppの管理者に問い合わせてください。
  7. システムチェックが失敗する場合は、「システムチェックの問題」を参照してください。
  8. [Next]をクリックして、ライセンスファイルをアクティブ化します。

    アクティブ化が終了し、[Apply Licenses]画面でアプリケーションのロックを解除する必要がある場合には、ウィザードによりメッセージが表示されます。