Product Documentation

検査

Jul 08, 2016

AppDNAのライセンスはAppDNA環境構成ウィザードで検査できます。 このウィザードの[Inspect Licenses]ページに、データベースに適用されているライセンスに関する情報が表示されます。 このページには2つのタブがあります。

Details – このタブには、上部に全般的なプロパティが表示され、下部にモジュールが表示されます。 タブの上部に次のオプションが表示されます。

  • License ID – これはAppDNAライセンスサーバーによりライセンスに割り当てられる内部IDです。
  • Client ID – これはAppDNAライセンスサーバーによりデータベースに割り当てられる内部IDです。
  • Installation ID – これはAppDNAライセンスサーバーによりAppDNAのインストールに割り当てられる内部IDです。
  • Subscription Advantage – Citrix Subscription Advantageプログラムの有効期限が表示されます。 このプログラムの契約の有効期間内であれば、AppDNAの最新リリースへのアップグレードを行うことができます。
  • Production Manager – Install Captureおよびセルフプロビジョニングを、App-VまたはXenApp向けアプリケーションのパッケージ化に使用することができます。 これを行うには、キャプチャを行うマシンへの追加ソフトウェア(AppDNAに付属していないソフトウェア)のインストールが必要になります。

それぞれのモジュールについて、次の情報が表示されます。

  • Module – モジュールの名前。 すべてのモジュールとそのレポートの名前の一覧については、この後の表を参照してください。 各モジュールのレポートについて詳しくは、「標準AppDNAレポート」を参照してください。
  • Limit – このモジュールのレポートのアプリケーションレポートビューおよび修復レポートビューを表示できるアプリケーションの数。

    XenAppおよびXenDesktopのPlatinumライセンスでは、レポートを表示できるアプリケーションの数に制限はありません。 ほかの製品版ライセンスでは(評価版を除く)、ライセンスされたアプリケーションの数を超えると、アプリケーションがロックされて、レポートが利用できなくなります。

  • Available – 使用可能なアプリケーションライセンスの数。
  • Start – ライセンスを有効にした日付。
  • End – ライセンスの有効期限。 この日付を過ぎるとレポートが表示されなくなります。

License files – データベースに適用されているライセンスファイルが表示されます。

モジュールとレポートの名前

モジュールレポート

Desktop Compatibility Manager(DCM)

Windows 8/8.1
Windows 7 SP1

SBC Manager

XenApp Hosted

WebApp Compatibility Manager

Internet Explorer(IE)
Firefox
WorxWeb

Virtualization Manager

App-V

Server Compatibility Manager

Windows Server 2012/2012 R2
Windows Server 2008 R2 SP1

Custom Reports

 

ライセンスを検査するには

  1. AppDNAサーバーマシンで、Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、[プログラム][Citrix AppDNA][Management Tools][Configure AppDNA]の順に選択します。
  2. AppDNA環境構成ウィザードの最初のページで、[Licensing]を選択し、[Next]をクリックします。
  3. [License Management]ページで、[Inspect]を選択し、[Next]をクリックします。
  4. [Choose Database]ページで、ライセンスを検査するデータベースを選択し、[Next]をクリックします。