Product Documentation

移動

Jul 08, 2016

AppDNAライセンスは、AppDNAデータベースおよびAppDNAライセンスサーバーがインストールされているマシンに関連付けられます。 AppDNAライセンスサーバーを別のマシンまたは環境に移動する必要がある場合は、次の手順に従って、すべてのAppDNAデータベースのライセンスを移動する必要があります。

AppDNAライセンスサーバーは、AppDNAサーバーを完全インストールすると自動的にインストールされます。 そのため、インストール済みのAppDNAサーバーをあるマシンから別のマシンに移動する必要がある場合は、データベースのライセンスを移動する必要があります。 AppDNAライセンスサーバーの移動は、通常、新しいマシンにAppDNAサーバーを完全インストールするのと同じくらい簡単です。 必要に応じて、AppDNAライセンスサーバーのインストールプログラムを使用できます。 ただし、可能な場合には、AppDNAライセンスサーバーをAppDNAサーバーマシンと同じマシンにインストールすることをお勧めします。

注:データベースを別のマシン上のSQL Serverに移動するだけであれば、つまりAppDNAライセンスサーバーの場所に変更がなければ、ライセンスの移動は不要です。

ライセンスを移動するには次の手順に従います。

  1. ライセンス移動トークンのエクスポート – この手順では、データベースからライセンス移動トークンをエクスポートしてファイルに保存します。 この手順の実行中に、新しいAppDNAライセンスサーバーマシンの名前を入力する必要があります。 トークンをエクスポートすると、インポート手順を完了するまでデータベースはライセンスがない状態になります。
  2. ライセンス移動トークンのインポート – この手順は、新しいマシンにAppDNAライセンスサーバーをセットアップした後に行います。 この手順では、ライセンス移動トークンをインポートし(これにより、データベースのロックが解除されます)、新しいAppDNAライセンスサーバーに対してライセンスを再度アクティブ化します。

これら2つの手順は、AppDNAライセンスサーバーの移動の影響を受ける各AppDNAデータベースについて行う必要があります。 以下では、これらの手順について個別に説明します。

ライセンス移動トークンのエクスポート

  1. AppDNAサーバーマシンで、Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、[Citrix AppDNA][Management Tools][Configure AppDNA]の順に選択します。
  2. AppDNA環境構成ウィザードの最初のページで、[Licensing]を選択し、[Next]をクリックします。
  3. [License Management]ページで、[Transfer]を選択し、[Next]をクリックします。
  4. [Transfer License]ページで、ライセンスを移動するデータベースを選択します。

    ライセンスを移動するデータベースがデーターベースの一覧に表示されない場合は、[Cannot see the database in the list]をクリックして[Enter Database Details]ダイアログボックスを開きます。 このダイアログボックスについて詳しくは、「ライセンスの移動」を参照してください。

  5. [Export]をクリックして[Next]をクリックします。
  6. エクスポートしたライセンストークンファイルの名前と場所を指定します。
  7. 新しいAppDNAライセンスサーバーマシンの名前を指定します。

    エクスポートしたライセンストークンはこのマシンに関連付けられます。 これは正確に指定する必要があります。そうしないと、データベースが永久に使用できなくなります。 AppDNAライセンスサーバーをインストールするマシンの名前がまだわからない場合は、エクスポートをキャンセルし、マシン名が確実にわかってからもう一度エクスポートを開始してください。

  8. [Next]をクリックして、ライセンス移動トークンをエクスポートします。 その後、新しいAppDNAライセンスサーバーの名前を正しく指定したかどうかを確認するメッセージが表示されます。
  9. エクスポートが完了したら、[Finish]をクリックしてウィザードを終了します。

次にライセンス移動トークンをインポートする必要があります。また、次に説明するように、必要に応じてライセンスを再アクティブ化する必要があります。

ライセンス移動トークンのインポート

この手順は、AppDNAライセンスサーバーを新しいマシンに移動した後に実行します。 通常、これはAppDNAサーバーを新しいマシンに完全インストールすることによって行います。

注:必要に応じて、AppDNAライセンスサーバーのインストールプログラムを使用できます。 ただし、可能な場合には、AppDNAライセンスサーバーをAppDNAサーバーマシンと同じマシンにインストールすることをお勧めします。
  1. AppDNAサーバーマシンで、Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、[Citrix AppDNA][Management Tools][Configure AppDNA]の順に選択します。
  2. AppDNA環境構成ウィザードの最初のページで、[Licensing]を選択し、[Next]をクリックします。
  3. [License Management]ページで、[Transfer]を選択し、[Next]をクリックします。
  4. [Transfer License]ページで、ライセンスを移動するデータベースを選択します。

    ライセンスを移動するデータベースがデーターベースの一覧に表示されない場合は、[Cannot see the database in the list]をクリックして[Enter Database Details]ダイアログボックスを開きます。 このダイアログボックスについて詳しくは、「ライセンスの移動」を参照してください。

  5. [Import]をクリックして[Next]をクリックします。
  6. エクスポートしたライセンストークンファイルの名前と場所を指定します。
  7. 新しいAppDNAライセンスサーバーマシンの名前を指定します。 これはエクスポート手順の手順7で指定した名前と同じである必要があります。

    通常、デフォルトのポート番号である8079を使用します。 詳しくは、「データベースのロックを解除するためのトークンのインポート」を参照してください。

  8. [Next]をクリックして、ライセンス移動トークンをインポートします。
  9. http://www.citrix.comから発行されたAppDNAライセンスを使用している場合は、次に[Reallocate licenwe file]ページが開きます。
    • Activate now – ライセンスを今すぐ再割り当てする場合は、このオプションを選択します。 http://www.citrix.comにログオンし、新しいAppDNAライセンスサーバーマシンにライセンスを再割り当てして、新しいライセンスファイルをダウンロードする必要があります(手順について詳しくは、http://support.citrix.com/article/CTX134678を参照してください)。

      これを行うときには、新しいライセンスサーバーをホストするマシンの名前を入力する必要があります。 [Copy]をクリックしてこの名前をクリップボードにコピーし、www.citrix.comに貼り付けられるようにします。 ライセンスの再割り当てとライセンスファイルのダウロードが終わったら、ライセンスファイルの名前と場所を入力します。

    • I'll do this later – ライセンスファイルを後で再割り当てする場合は、このオプションを選択します。 ライセンスを再割り当てするまで、一部のアプリケーションのレポートを表示できない場合があります。
    注:データベースをXenDesktopまたはXenAppのPlatinumライセンスのみを使用してアクティブ化した場合は、このページは表示されません。
  10. [Next]をクリックして操作を完了します。

通常は、「既存のAppDNAデータベースの追加」で説明するように、AppDNA Webサイトにデータベースを追加する必要があります。 ただし、AppDNAライセンスサーバーのみを移動し、AppDNAサーバーを移動しなかった場合、この作業は必要ありません。