Product Documentation

アプリケーション属性フォーム

Jul 08, 2016

アプリケーション属性フォームにより、ユーザーは、属性の名前付きコレクションを作成することができます。このコレクションは、アプリケーションを分類するための意味のある内部IDを使用してアプリケーションをタグ付けするのに便利です。 この内部IDを使用してアプリケーションをタグ付け(たとえば、ライセンス費用と更新日)し、論理的なコンテナー(フォーム)にグループ化します。これにより、あとでアプリケーションのプロパティで使用することができます。

アプリケーション属性を作成するには

1. AppDNAのメニューで、[Configure][Application Attributes]の順に選択します。

localized image

2. [+]アイコンをクリックして、アプリケーション属性フォームの名前を指定します。

3. [Save]をクリックします。

localized image

4. [Create attribute]を選択して新しい属性を追加します。 たとえば、更新日(Data type: Date)および年間コスト(Data type: Number)などです。

localized image

また、 [Configure] [Attributes]で新しい属性を作成できます。 これらは、[Application Attributes Forms]内で作成する新しい属性とともに右側に表示されます。

5. フォームを構築するには、右側から属性をドラッグして、左のフォームデザイナにドロップします。 これらの属性は動的に表示され、各アプリケーションに割り当てられた値に基づいて変更することができます。

localized image

アプリケーション属性を追加すると、すべてのアプリケーションに共通した別の属性を追加できます。 たとえば、Webサイトへのリンクやラベルなどです。 これらは共通の要素です。 Previously defined elementsはすでに構成され保存された共通の要素の一覧を表示します。 これらはアプリケーション属性フォームに追加できます。

6. 共通の要素を追加するには、要素を右側からドラッグして、フォームデザイナ(例:Link)にドロップします。

7. Name、Caption、URL、Linkテキストを指定して、[OK]をクリックします。

localized image

8. [Save]をクリックします。

アプリケーション属性フォームの表示

アプリケーション属性フォームを表示して、 [Applications] [Applications List]で属性を更新し、右クリックして [Properties]を選択します。 アプリケーション属性フォームで指定した属性と共通の要素は、新しいタブでまとめてグループ化します。

localized image

AppDNAのWebクライアントからアプリケーション属性フォームも表示できます。 Webクライアントで[Applications]を選択してアプリケーションを強調表示し、[Properties]を選択します。