Product Documentation

アプリケーション一覧

Jul 08, 2016

AppDNAでは、アプリケーションポートフォリオを管理するためのアプリケーション一覧が提供されます。 たとえば、アプリケーションの一覧を表示したり、アプリケーションの属性を表示したり、選択したレポートに対してアプリケーションDNAを分析したり、レポートビューアーを使用したりすることができます。 ポートフォリオからアプリケーションを削除したり、アプリケーション名、製造元、およびバージョン番号を編集したりすることもできます。

さらに、分析とレポートのために、アプリケーションの一覧を並べ替え、グループ化、およびフィルターできます。 これらの機能は、ポートフォリオが大きい場合に特に役立ちます。

[Applications List]画面を開くには、AppDNAのサイドバーで[Applications]をクリックします。

アプリケーションの選択

目的:方法:
一覧のすべての項目の選択Ctrl+Aキーを押します(または、メニューから[Edit][Select All]の順に選択します)。
一覧のすべての項目の選択解除Ctrl+Dキーを押します(または、メニューから[Edit][Deselect All]の順に選択します)。
選択の取り消しCtrl+Iキーを押します(または、メニューから[Edit][Invert Selection]の順に選択します)。
隣接した複数の項目の選択選択する最初の項目をクリックし、Shiftキーを押しながら、選択する最後の項目をクリックします。 次にCtrl+Mキーを押します(または、メニューから[Edit][Select Marked]の順に選択します)。
隣接していない複数の項目の選択Ctrlキーを押しながら選択する項目をクリックし、次にCtrl+Mキーを押します(またはメニューから[Edit][Select Marked]の順に選択します)。
隣接した複数の項目の選択解除選択する最初の項目をクリックし、Shiftキーを押しながら、選択する最後の項目をクリックします。 次にCtrl+Uキーを押します(または、メニューから[Edit][Deselect Marked]の順に選択します)。
隣接していない複数の項目の選択解除Ctrlキーを押しながら選択する項目をクリックし、次にCtrl+Uキーを押します(またはメニューから[Edit][Deselect Marked]の順に選択します)。
グループ内のアプリケーションの選択ツールバーの[Group]ボックスの一覧から、アプリケーションを選択するグループを選択します。

ツールバー

Add 。新しいアプリケーション、またはアプリケーション プレースホルダ―または「スタブ」を追加します。 AppDNAで新しいアプリケーションレコードを作成し、プロパティ、属性、添付ファイルを使用して、アプリケーションを即座にインポートする必要なく、情報を収集し、追跡します。

Delete 。選択したアプリケーションをAppDNAアプリケーションポートフォリオから削除します。 デスクトップアプリケーションのフィンガープリントは削除されません。 つまり、ライセンス済みのデスクトップアプリケーションを削除した場合、それをもう一度インポートすると同じライセンスを再利用することになります。

Export Filter 。再利用のため、フィルターをXMLファイルに保存します。 フィルターのセットアップ、クリア、保存、およびインポートについて詳しくは、「アプリケーションのフィルター」を参照してください。

Import filter 。前に保存したフィルターをインポートして、そのフィルターの条件に基づいて、すぐにアプリケーション一覧をフィルターします。

Report type 。表示するレポートを選択するにはこのドロップダウンリストを使用します。

View report。選択した項目についての選択したレポートを表示します (アプリケーションを分析しなければ、レポートに意味のあるデータが表示されません)。

Analyze 。クリックすると、選択したアプリケーションを分析します。 詳しくは、「アプリケーションの分析」を参照してください。

Group 。特定のグループ内のアプリケーションまたは一覧内のすべてのアプリケーションを選択する、または一覧内のすべてのアプリケーションの選択を解除するにはこのドロップダウンリストを使用します。

[Application List]の主な列

[Application List]のアプリケーションを特定の列のデータに基づいてグループ化するには、その列の見出しを[Drag a column header here to group by that column]バーにドラッグします。 アプリケーションのグループ化をやめるには、列見出しを見出しバーにドラッグして戻します。

項目を分析やレポートの対象として設定するには、アプリケーションを選択します。

アプリケーションの状態は、以下のいずれかで示されます。

  • Ready – アプリケーションが正常にインポートされ、分析の準備が整っています。
  • Analyzed – アプリケーションが(1つまたは複数のレポートのために)分析されています。
  • Stale – アプリケーションに再分析が必要になった場合は、状態が[Analyzed]から[stale]に変わります。 この変更は、モジュール、アルゴリズム、またはアルゴリズムグループに変更があると起こります。たとえば、アルゴリズムまたはアルゴリズムグループがオンまたはオフになった場合です。