Product Documentation

アプリケーションのフィルター

Jul 08, 2016

大規模なアプリケーションポートフォリオでは、アプリケーション一覧にフィルターを適用して目的のアプリケーションを簡単に参照できます。 フィルターはファイルに保存でき、そのファイルを後でインポートすることで、フィルターに保存されている条件に基づいてアプリケーションの一覧をすぐにフィルターできます。

フィルターの作成

  1. [Application List]で、アプリケーションのフィルターに使用する値を含む列の見出しの下にあるボックスをクリックします。
  2. フィルター条件の値を選択または入力します。

    アプリケーションのフィルター - ドロップダウンリストから値を選択

    複数のフィルターを適用して、アプリケーション一覧に表示される項目をさらに絞り込むことができます。

  3. フィルターの値にマッチしないアプリケーションのみを表示するには、値を入力または選択し、テキストボックス左側のアイコンをクリックしてオプションを選択します。

    アプリケーションのフィルター - オプション

  4. フィルターをクリアするには、そのフィルターのクリアアイコンをクリックします。

    フィルターのクリア

フィルターの保存

フィルターをXMLファイルに保存して、後で再利用できます。

  1. フィルターを作成します。
  2. ツールバーの[Export Filter]をクリックします。
  3. [Save As]ダイアログボックスで、フィルターにわかりやすい名前を付けて保存先を選択、[Save]をクリックします。

保存したフィルターのインポート

  1. ツールバーの[Import Filter]をクリックします。
  2. [Open]ダイアログボックスでフィルターのXMLファイルを選択し、[Open]をクリックします。

インポートしたフィルターファイルの条件に基づいて、アプリケーション一覧が更新されます。