Product Documentation

レポートビュー

Jul 08, 2016

分析結果はレポートビューとして表示されます。レポートビューには、Overview Summary、Application Issues、Issue Viewなどがあります。 次の図は、これらのレポートで実行できる管理タスクを示しています。


レポートビューアーの機能

Overview Summary

[Overview Summary]は、アプリケーションポートフォリオの状態の概要を一覧できるダッシュボードです。 選択した各アプリケーションについて、アクティブなレポートごとに全体的なRAG(赤、黄、緑)状態が表示されます。 RAGアイコンをクリックしてそのアプリケーションの修復レポートビューに移動することができます。 ここには、必要な修復の詳細がMST修正と共に(該当する場合)表示されます。 下位の修復レポートビューについては「アプリケーションの問題の修復」を参照してください。

RAGアイコンについて詳しくは、「RAGアイコンについて」を参照してください。

Application Issues

Application Issuesでは、選択したアプリケーションで見つかった問題の概要が提供されます。 円グラフにより、レポート対象のアプリケーションについての標準およびカスタムのRAG状態が示されます。

アプリケーションの一覧では標準およびカスタムのRAG状態がアプリケーションごとに示され、AppDNAによる自動修正が可能かどうかが示されます。 [Source]列および[Source Category]列にはインストールの種類が表示され、[Status]列にはアプリケーションの分析が最新であるかどうかが表示されます。

[Show counts]チェックボックスをオンにすると、レポートの各アルゴリズムグループでアプリケーションがアルゴリズムをトリガーした回数が表示されます。 アプリケーション内部の複数のコンポーネントが同じアルゴリズムをトリガーできるため、アプリケーションは1つのアルゴリズムを複数回トリガーできます。 アプリケーション名はリンクになっており、クリックすると修復レポートビューを参照できます。

Application Actions

Application Actionsの円グラフでは、選択したアプリケーションの修復アクション前後のRAG状態が示されます。

選択したアプリケーションの一覧では、それぞれのアプリケーションについて修復アクション前後のRAG状態とアプリケーションの複雑度やアクション難易度が示されます。 アクション難易度は、容易、中度、困難、修復不要に分類されます。 アクション難易度は修復アクションに関連付けられており、カスタマイズすることもできます(「アルゴリズムの構成」を参照)。

Application Actionsの情報を使用して、ユーザー承認テスト(UAT)の準備ができているアプリケーションをすばやく確認できます。これらのアプリケーションのアクション前RAGおよびアクション後RAGが緑色だからです。 移行に不適切なアプリケーションのアクション後RAGは赤色で、移行前に何らかの修復措置が必要なアプリケーションでは、アクション前RAGが黄色または赤色、アクション後RAGが緑色または黄色です。 修復が必要な場合は、アプリケーションの複雑度とアクション難易度によって必要な作業のおよその量がわかります。

[Show counts]チェックボックスをオンにしたかどうかに応じて、修復が必要な問題の数も、修復アクションの種類ごとにこのレポートビューに表示されます。 アプリケーション名はリンクになっており、クリックすると修復レポートビューを参照できます。

Issue View

Issue Viewでは、レポートに含まれる各アルゴリズムをトリガーしたアプリケーション数の内訳が提供されます。 円グラフでは、レポートに含まれるアプリケーションの標準、カスタム、およびアクション後のRAG状態が示されます。 レポートのすべてのアルゴリズムでカスタムRAGと標準RAGが同じである場合、カスタムRAGの円グラフは表示されません。

棒グラフでは、各アルゴリズムグループのアルゴリズムをトリガーしたアプリケーションの数が示されます。

アルゴリズムの一覧には標準、カスタム、およびアクション後のRAG状態、修復が可能かどうか、および影響を受けるアプリケーションの数が示されます。 各アルゴリズムを展開して、影響を受けるアプリケーションの一覧と、アルゴリズムおよびその修復アクションの説明を表示できます。 アプリケーション名はリンクになっており、クリックすると修復レポートビューを参照できます。

Action View

Action Viewでは、ポートフォリオ内のアプリケーションを修復するために必要なアクション内容の内訳が提供されます。 円グラフでは、レポートに含まれるアプリケーションの標準、カスタム、およびアクション後のRAG状態が示されます。 レポートのすべてのアルゴリズムでカスタムRAGと標準RAGが同じである場合、カスタムRAGの円グラフは表示されません。

棒グラフでは、修復が必要なアプリケーションの数が修復の種類別に示されます。

また、修復アクションの種類およびその下位区分(アクションおよびアクション詳細とも呼ばれます)の一覧と、アクション後RAGとその種類の修復が必要なアプリケーションの数が示されます。 各アクションとアクション詳細の組み合わせを展開して、関連するアプリケーションの一覧を表示できます。 アプリケーション名はリンクになっており、クリックすると修復レポートビューを参照できます。

Estate View

EstateViewは試用版ライセンスでのみ表示され、対象の技術に対するアプリケーションポートフォリオの状態の概要を提供します。 このレポートは個々のアプリケーションライセンスに依存しないため、AppDNAを評価する場合に有効です。

EstateViewでは、ポートフォリオに含まれるアプリケーションの標準、カスタム、およびアクション後のRAG状態が円グラフで示されます。 レポートのすべてのアルゴリズムでカスタムRAGと標準RAGが同じである場合、カスタムRAGの円グラフは表示されません。

棒グラフでは、各アルゴリズムグループのアルゴリズムをトリガーしたアプリケーションの数が示されます。

アルゴリズムの一覧には標準、およびカスタムのRAG状態、AppDNAによる自動修復が可能かどうか、および影響を受けるアプリケーションの数が示されます。 各アルゴリズムを展開して、アルゴリズムおよびその修復アクションの説明を表示できます。

レポートの表示

  1. AppDNAのサイドバーで[Reports: Applications]をクリックします。
  2. [Application List]画面で、レポートに含めるアプリケーションを選択します。
  3. 次のいずれかを行います。
  • [Application List]の上のツールバーのドロップダウンリストから表示するレポートを選択して、[View Report]をクリックします。
  • または、AppDNAのサイドバーから[Reports: Applications][Module][Report][Report view]の順に選択します。ここで、[Module][Report]、および[Report view]によって、表示するレポートビューが特定されます。

    レポートビューを開いた後は、画面の右上隅にあるリンクを使用して、同じレポートの異なるレポートビューに移動できます。

AppDNA内の複数のタブでレポートを表示できます。 そのため、異なるレポートとレポートビューを簡単にすばやく切り替えられます。 ブラウザーウィンドウでレポートを開くこともできます。

  • レポートビューを新しいタブで開くには、サイドバーでレポートビューを右クリックして[新しいタブで開く]を選択します。
  • レポートビューを新しいウィンドウで開くには、サイドバーでレポートビューを右クリックして[新しいウィンドウで開く]を選択します。