Product Documentation

アプリケーションレポート

Jul 08, 2016

このトピックでは、最上位のアプリケーションレポートビューの概要について説明します。

下位の修復レポートビューについては「アプリケーションの問題の修復」を参照してください。

Overview Summary

Overview Summaryレポートビューは、アプリケーションポートフォリオの状態のハイレベルな概要を一覧できるダッシュボードです。 選択した各アプリケーションについて、アクティブなレポートごとに全体的なRAG(赤、黄、緑)状態が表示されます。 RAGアイコンをクリックしてそのアプリケーションの修復レポートビューに移動することができます。 ここには、必要な修復の詳細がMST修正と共に(該当する場合)表示されます。

RAGアイコンについて詳しくは、「RAGアイコンについて」を参照してください。

EstateView

評価用または試用のインストールでのみ利用できるEstateViewでは、対象の技術に対するアプリケーションポートフォリオ全体の統合された状態の概要が提供されます。 このレポートは個々のアプリケーションライセンスに依存しないため、AppDNAを評価する場合に有効です。

EstateViewの始めには、ポートフォリオに含まれるアプリケーションの、標準、カスタム、およびアクション後のRAG状態の概要円グラフがあります。 すべてのレポートのアルゴリズムでカスタムRAGと標準RAGが同じである場合は、カスタムRAGの円グラフは表示されません。

円グラフの下には、各アルゴリズムグループ内のアルゴリズムをトリガーしたアプリケーション数を示す棒グラフがあります。 アプリケーション数が件数およびアプリケーションポートフォリオの割合で表示されます。 棒グラフの後にはアルゴリズム一覧が続きます。 アルゴリズムのID、名前、およびアルゴリズムグループが、標準およびカスタムのRAG、AppDNAが自動修正を提供するかどうか、および影響を受けるアプリケーションの数と共に表示されます。 各アルゴリズムを展開して、アルゴリズムおよびその修復アクションの説明を表示できます。

Application Issues

Application Issuesレポートビューでは、選択したアプリケーションで見つかった問題の概要が提供されます。 ビューの始めには、レポートに含まれる項目の、標準およびカスタムのRAG状態の概要円グラフがあります。

円グラフの後には、レポートに含まれるアプリケーションの一覧が続きます。 このレポートには、各アプリケーションについて、標準およびカスタムのRAG状態と、AppDNAにより自動修正が提供されるかどうかが表示されます。 [Source]列および[Source Category]列にはインストールの種類が、[Status]列には、このレポートに関するアプリケーションの分析が最新であるかどうかを示すアイコンが表示されます。

[Show counts]チェックボックスをオンにすると、レポートの各アルゴリズムグループでアプリケーションがアルゴリズムをトリガーした回数が表示されます。 (アプリケーション内部の複数のコンポーネントが同じアルゴリズムをトリガーできるため、アプリケーションは1つのアルゴリズムを2回以上トリガーできます)。

アプリケーション名はリンクになっており、クリックするとそのアプリケーションの詳細な修復レポートビューを参照できます。 アプリケーション一覧の下に、アルゴリズムグループの一覧と、アイコンを説明する凡例があります。

Application Actions

Application Actionsレポートビューの最初には、選択したアプリケーションについての修復アクション前後のRAG状態を示す概要円グラフがあります。

円グラフの後には、選択したアプリケーションの一覧が続きます。 各項目について、アクション前後のRAGと、アプリケーションの複雑度やアクション難易度のインジケーターがレポートに表示されます。 アクション難易度は、容易、中度、困難、修復不要に分類されます。 アクション難易度は修復アクションに関連し、[Algorithm Groups]画面でカスタマイズできます。 詳しくは、「アルゴリズムの構成」を参照してください。

この情報を使用して、ユーザー承認テスト(UAT)の準備ができているアプリケーションをすばやく確認できます。これらのアプリケーションのアクション前RAGおよびアクション後RAGが緑色だからです。 移行に不適切なアプリケーションのアクション後RAGは赤色で、移行前に何らかの修復措置が必要なアプリケーションでは、アクション前RAGが黄色または赤色、アクション後RAGが緑色または黄色です。 修復が必要な場合は、アプリケーションの複雑度とアクション難易度によって必要な作業のおよその量がわかります。

[Show counts]チェックボックスをオンにしたかどうかに応じて、修復が必要な問題の数も、修復アクションの種類ごとにこのレポートビューに表示されます。

アプリケーション名はリンクになっており、クリックすると修復レポートビューを参照できます。

Issue View

Issue Viewでは、レポートに含まれる各アルゴリズムをトリガーしたアプリケーション数の内訳が提供されます。 このビューの最初には、レポートに含まれるアプリケーションの、標準、カスタム、およびアクション後のRAG状態の概要円グラフがあります。 (すべてのレポートのアルゴリズムでカスタムRAGと標準RAGが同じである場合は、カスタムRAGの円グラフは表示されません)。円グラフの下には、各アルゴリズムグループ内のアルゴリズムをトリガーしたアプリケーション数を示す棒グラフがあります。 アプリケーション数が件数およびポートフォリオ(レポートに含まれるアプリケーション)に対する割合として表示されます。

棒グラフの後にはアルゴリズム一覧が続きます。 アルゴリズムのID、名前、およびアルゴリズムグループが、標準、カスタム、およびアクション後のRAG、修正策があるかどうか、および影響を受けるアプリケーションの数と共に表示されます。 アプリケーション数が件数およびレポートに含まれるアプリケーションに対する割合の両方で表示されます。

各アルゴリズムを展開して、影響を受けるアプリケーションの一覧と、アルゴリズムおよびその修復アクションの説明を表示できます。 アプリケーション名はリンクになっており、クリックすると修復レポートビューを参照できます。

Action View

Action Viewでは、ポートフォリオ内のアプリケーションを修復するために必要なアクション内容の内訳が提供されます。 このビューの最初には、レポートに含まれるアプリケーションの、標準、カスタム、およびアクション後のRAG状態の概要円グラフがあります。 (すべてのレポートのアルゴリズムでカスタムRAGと標準RAGが同じである場合は、カスタムRAGの円グラフは表示されません)。円グラフの下には、修復が必要なアプリケーションの数を修復の種類別に示す棒グラフがあります。 アプリケーション数が件数およびポートフォリオ(レポートに含まれるアプリケーション)に対する割合として表示されます。

棒グラフの後には、修復アクションの種類およびその下位区分(アクションおよびアクション詳細ともいいます)の一覧と共に、アクション後RAGとこの種類の修復が必要なアプリケーションの数が続きます。 アプリケーション数が件数およびレポートに含まれるアプリケーションに対する割合の両方で表示されます。

各アクションとアクション詳細の組み合わせを展開して、関連するアプリケーションの一覧を表示できます。 アプリケーション名はリンクになっており、クリックすると修復レポートビューを参照できます。