Product Documentation

変数

Jul 08, 2016

このトピックでは、Effort Calculatorの変数について説明します。 これらの変数は組織のニーズに合わせて構成することができます。 作業が完了したら、画面上部のツールバーの[Save]をクリックして変更を保存します。

全般的な変数

これらの変数により、プロジェクト固有の基本情報を定義してレポートをカスタマイズすることができます。

Customer name - レポートのエクスポートで使用する会社名です。

Number of applications in the full portfolio - 新しいプラットフォームに移行するアプリケーションの数です。 この値はデフォルトでAppDNAにインポート済みのアプリケーションの数になります。 この数を増やして、実際のアプリケーションポートフォリオの規模を反映させることができます。 サンプル結果から、ポートフォリオ全体を移行する作業量が推定されます。

Currency - レポートで使用する通貨です。 通常、3文字の通貨コードで表わします。 国際通貨コードの一覧については、http://www.xe.com/iso4217.phpを参照してください。

Working hours per day - 通常の稼働日の稼働時間です。 時間に関係するすべての計算に影響し、時間的見積もりの正確さの向上に役立ちます。

Average working days in a month - 稼働月の平均稼働日数です。 これにより、時間的見積もりをさらに精密にすることができます。

AppDNAを使用しない場合の変数

これらの変数は、AppDNAを使用しない場合のプロジェクト見積もりの正確さの向上に役立ちます。 ここでは、デフォルト値といくつかの代替値をそれらが適した状況の説明と共に示します。

Smoke testing time - 初めのインストールと、「スモークテスト」として一般に知られるテストの実行にかかる時間を、時間単位で入力します。 通常、これは綿密なテストではありません。

  • デフォルト値:8 - 外部のグループまたはプロセスに依存関係がない、初めのテスト段階を完了するまでの平均時間です。
  • 代替値A:24 - エンタープライズ特有のプロセスを考慮に入れた値です。 たとえば、スモークテストにアプリケーション認証のプロセスの一部が含まれ、インストール、文書化、および初めのテストについて、アプリケーション所有者から情報を収集するための時間を割り当てる場合です。
  • 代替値B:4 - インストールを自動化し、実行スクリプトでごく基本的な機能のみをテストする、軽いスモークテストを行う場合の値です。

Applications that are expected to have issues - 問題があると予想されるアプリケーション数を、ポートフォリオに対する割合で指定します。 デフォルト値は30%です。この値は、専門家の試算から技術関与を通じたフィードバックまで、さまざまな市場のデータから導き出されたものです。 これは、エンタープライズ固有のプロセスとアプリケーションの準備態勢に基づくもので、組織によって異なります。  

Applications that are expected to be exceptions - 修復できない、または修復しないと決定したアプリケーションの割合を定義します。 アプリケーションポートフォリオの経過年数に応じて、この変数は大いに変化する可能性があります。 通常、古いポートフォリオは新しいポートフォリオより、互換性のないアプリケーションの割合が高くなります。

  • デフォルト値:10% - アプリケーションの経験的な合理化データに基づき、エンタープライズの発揮する主導権に応じて、使用を停止するアプリケーションの割合は10%から30%の間になります。 多くの場合、アプリケーションの非互換性は使用停止を判断する基本要因になります。 ポートフォリオの経過年数のような変数が不明な場合は、デフォルト値を使用してください。
  • 代替値A:35% - アプリケーションの製品寿命に関するエンタープライズ固有の規則により、デスクトップの移行と更新に伴い、アプリケーションの使用停止が積極的に求められる場合があります。
  • 代替値B:5% - エンタープライズ固有の規則により、サポートに必要なプラットフォームの混在状況にかかわらず、すべてのアプリケーションを移行する保証が求められる場合もあります。

Time to identify the cause of a failure and resolve it - これは、AppDNAを使用しない場合の障害特定と修整に概して必要な、アプリケーションごとの時間の見積もりです。

  • デフォルト値:24 - 外部との依存関係がない、アプリケーションのテストと修復の典型的な手動プロセスにかかる平均時間です。 テストと修復を1か所から行います。
  • 代替値:60 - エンタープライズ固有の追加のプロセスを考慮に入れる場合の平均時間です。追加のプロセスには、インストールに関するアプリケーション所有者からの情報収集、アプリケーションを組み合わせた綿密なテスト、ベースラインからゴールドイメージまで各バージョンをすべて確認する、アプリケーション対OSイメージのテストなどが考えられます。

AppDNAを使用する場合の変数

これらの変数は、AppDNAを使用する場合のポートフォリオを制御する時間と費用を見積もる際に使用されます。

Applications that have MSI installation package - ポートフォリオ全体に対する割合で入力します。 Windowsアプリケーションはそのインストールパッケージを使用してAppDNAにインポートします。 MSIインストールパッケージ、App-V .sftまたは.appvファイル、またはそのほかの種類のインストールファイルを使用できます。 ほかの種類のインストールパッケージより、MSIと.sftおよび.appvファイルの方が簡単にインポートできます。 Effort Calculatorでは、AppDNAでのアプリケーションの処理にかかる時間を見積もるときに、ここに入力する数字が考慮されます。

AppDNA license cost - この変数は、投資利益データにおける費用の詳細をより正確にするためにオプションで使用します。

要員配置の変数

これらの変数は、AppDNAを使用しても使用しなくても計算に影響を与えます。

Staging time - アプリケーションを対象の環境にインストールして動作させるためにかかる平均時間を、時間単位で指定します。 デフォルト値は2時間です。

Size of remediation team - プロジェクトの修復チームの要員数です。 これはアプリケーションポートフォリオのサイズによって左右されます。 典型的な場合では、250個のアプリケーションに対して1人の修復スペシャリストを配置します。 デフォルト値は3です。

Size of testing/staging team - プロジェクトのテストおよび/またはセットアップチームの要員数です。 これはアプリケーションポートフォリオのサイズによって左右されます。 典型的な場合では、100個のアプリケーションに対して1人のテスト/セットアップ要員を配置します。 デフォルト値は5です。

Remediator cost per day - 修復要員の1日あたりの平均費用です。

Tester/stager cost per day - テスト/セットアップ要員の1日あたりの平均費用です。

Project manager cost per day - プロジェクトマネージャーの1日あたりの平均費用です。

テストと修復の変数

テストと修復の変数のセクションでは、異なる複雑度のアプリケーションの修復とテストにかかる時間を入力するグリッドが提供されます。 時間単位で時間を入力します。

Remediation time - 異なる複雑度のアプリケーションの修復にかかる平均時間を入力します。



行はアプリケーションの複雑度を表します。 アプリケーションの複雑度は、ファイルとレジストリエントリの数によって計測されます。 構成可能なしきい値によって、アプリケーションの複雑度を単純、標準、または複雑に定義します。 しきい値は[Reporting Settings]で構成できます。 詳しくは、「レポート設定」を参照してください。

列は修復の難易度を表します。 AppDNAでは、分析処理中に発見的アルゴリズムを実行することにより、アプリケーション内の問題を特定します。 各アルゴリズムにより特有の問題が特定され、その問題を軽減するために推奨される修復アクションが提示されます。 これらのアクションに関連する作業の難易度は、容易、中度、困難に分類されます。 1つのアプリケーションの全体的な修復作業は、アプリケーションがトリガーするアルゴリズムに関連付けられている、最も高度な作業に基づいて決定されます。 [Algorithm Groups]画面で修復アクションを構成することもできます。 詳しくは、「アルゴリズムの構成」を参照してください。

Testing time - 異なる複雑度のアプリケーションのテストにかかる平均時間を入力します。

変数の入力を完了したら画面上部のツールバーの[Save]をクリックし、変更を保存します。