Product Documentation

エクスポート

Jul 08, 2016

レポートエクスポートウィザードを使用して、任意のアプリケーションセットのレポートの一括エクスポートを実行できます。形式は、MHT(ブラウザーで表示でき、簡単にほかのユーザーに送信できる単一ファイルのWebページ)、Excel、またはPDF(Application Issuesレポートビューのみ)から選択できます。

注:大きなアプリケーションポートフォリオのレポートを、特に、複雑な処理が必要な修復レポートビューをエクスポートする場合は、レポートのエクスポートに何時間もかかる可能性があります。

レポートエクスポートウィザードを開くには、メニューから[Tools][Report Export]の順に選択します。

[Welcome]ページで、[Next]をクリックして開始します。 AppDNAレポートエクスポートウィザードに従って、次の手順を実行します。

  1. アプリケーションを選択します

    この段階では、ポートフォリオ内のアプリケーションの一覧が表示されます。 [Application List]画面でのように、一覧の並べ替えとフィルターにはどの列のデータも使用できます。 列見出しをドラッグして、特定列の値でアプリケーションをグループ化することもできます。

    レポートをエクスポートするアプリケーションを選択し、[Next]をクリックして続行します。

  2. エクスポートするレポートを選択します

    レポートエクスポートウィザードでは、使用するオペレーティングシステムイメージを選択するオプションは提供されません。 これは、エクスポートでは[OS Image Configuration]ページの[Edit]>[Settings]でレポートに設定されているデフォルトのオペレーティングシステムイメージが常に使用されるためです。

  3. エクスポートするレポートビューと形式を選択します

    PDF形式はApplication Issuesレポートビューにのみ選択できます。

  4. 出力フォルダーを選択してエクスポートします

    レポートのエクスポートが完了すると、ログを表示するかどうかのオプションが表示されます。 AppDNAレポートエクスポートウィザードを閉じるには[Finish]をクリックします。