Product Documentation

機能

Jul 08, 2016

レポートビューアーの機能

注:評価用または試用のインストールでのみ利用できる[Estate View]リンクでは、選択したアプリケーションにかかわらず、ポートフォリオ内のすべての関連アプリケーションの概要データが提供されます。

メインツールバーのオプションを使用して、異なるレポートビューを切り替えます。

修復レポートビューを開くには、Application Issuesビューのようなほかのレポートビュー内のアプリケーション名をドリルダウンします。

選択されているオペレーティングシステムイメージを変更するには、[Export]ツールバーの[Change images]リンクを使用します (このリンクは、オペレーティングシステムイメージが関係しないレポートには表示されません)。 レポートのデフォルトのオペレーティングシステムイメージを定義するには、「OSイメージの設定」を使用します。

[Export]リンクを使用して、レポートを印刷したりさまざまな形式にエクスポートしたりします。 使用できる形式はレポートビューの種類によって異なります。 オプションには、MHT(ブラウザーで表示でき、簡単にほかのユーザーに送信できる単一ファイルのWebページ)、HTML(関連イメージとそのほかのファイルを含む別個のフォルダーを伴う単一のWebページ)、Word、Excel、およびPDF(Application Issuesレポートビューのみ)があります。 一括エクスポートを実行するにはレポートエクスポートウィザードを使用します。

列見出しをクリックして、その列のデータで並べ替えます。 昇順と降順を切り替えるには、ヘッダーをもう一度クリックします。 列のサイズを変更するには、列見出しの間の縦棒をドラッグします。 デフォルトの並べ替え順序および列サイズに戻すには、[Reset]をクリックします。

Application IssuesおよびApplication Actionsレポートビューの[Show counts]チェックボックスを使用して、アプリケーションが各アルゴリズムグループのアルゴリズムをトリガーした回数、および各種の修復アクションが必要なアプリケーションの数が表示される追加列の表示/非表示を設定します。

特定列のデータでフィルターするには、フィルター()アイコン(列見出しのすぐ下)をクリックします。 たとえば、Application ActionsレポートビューでAdobeアプリケーションのみを表示するとします。 これを行うには[Manufacturer]列見出しの下のフィルターアイコンをクリックし、ボックスの一覧で[Contains]を選択してテキストボックスに「Adobe 」と入力します。 同様に、結果の表示対象を再開発が必要なアプリケーションのみに制限するには、[REDEV]列で「0より大きい」フィルターを作成します (この列を表示するには、[Show counts]チェックボックスをオンにする必要があります)。

アプリケーションレポートビューはブラウザーウィンドウで表示できます。 これを行うには、サイドバーで表示するレポートビューを右クリックして、[Open in New Windows]を選択します。

レポートに含まれるアプリケーション

アプリケーションレポートビューに含まれるアプリケーションはユーザーが前に選択したアプリケーションに基づいて決まります。たとえば、[Application List]画面または[Import Applications]画面で選択したアプリケーションや、[Manage Groups]画面で選択したグループです。 [Application List]画面で、またはレポートビューアーツールバーの[Change Selection]をクリックして、選択したアプリケーションを変更できます。

関連のあるレポートビューの先頭には、選択されているアプリケーションの数が表示されます。 グループが選択された場合は、その名前も表示されます。 グループ名の隣のアスタリスク(*)は、選択された後でグループが変更されたことを意味します(たとえば、アプリケーションが追加された場合など)。

注:これは組織レポートには当てはまりません。これらのレポートにはActive DirectoryまたはSystem Center Configuration Managerによって管理されているアプリケーションの状態が表示されます。