Product Documentation

Forward Pathのタスクの実行

Jul 08, 2016

通常Forward Pathのタスクは、Forward Pathレポート内のロジックに基づき、実稼働環境で使用できるApp-VパッケージおよびXenAppパッケージの作成を自動化するために使用します。 ただしForward Pathのタスクは、ファイルのコピーやメールの送信など、そのほかの多くのタスクを実行するように構成できます。 Forward Pathのタスクは、Forward Pathレポートの[Outcome]列の値に基づいて動作するように構成する、Forward Pathのタスクスクリプトによって制御されます。 Forward Pathのレポートはシナリオによって制御されます。

Forward Pathシナリオおよびタスクスクリプトを作成または編集した後、タスクを実行し、その状態を監視することができます。

Forward Pathのタスクを実行するには

  1. サイドバーから[Select][All Applications]の順に選択します。
  2. [Application List]画面で、Forward Pathを実行するアプリケーションを選択します。
  3. サイドバーから[Reports: Applications][Forward Path]の順に選択します。
  4. Forward Pathレポートビューアーで、使用するForward Pathシナリオを選択します。

    デフォルトのアクティブなシナリオを変更するには、Forward Pathロジックエディターを使用します。

  5. [Evaluate Tasks]をクリックします。
  6. [Forward Path Task Sequencing]画面でツールバーの[Refresh]をクリックして、確実に最新結果を表示します。
    • [Outcome]列。最新の結果が表示され、各アプリケーションについて、この列の値に関連付けられているタスクスクリプトがあるかどうかが表示されます。
    • [MapUNCPathDriveLetter]列。マップされたドライブ文字が入力されます(タスクスクリプトで ApplicationDetails.MapUNCPath プロパティを使用しインストールディレクトリの<\\server\share>部分をドライブ文字にマップしている場合)。
    • [Install Command]列。アプリケーションのインストールを起動するコマンドが表示されます。 タスクスクリプトで上書きされなければ、アプリケーションがActive DirectoryまたはConfiguration Managerの管理対象アプリケーションにリンクされている場合は、この列にはActive DirectoryまたはConfiguration Managerのインストールコマンドが表示されます。 そうでない場合は、AppDNAにアプリケーションをインポートするときに使用された場所と方法に基づいて、コマンドが表示されます。
    • [InstallWrkDir]列。インストールコマンドにより使用される作業ディレクトリが表示されます。 この列が空白の場合は、デフォルトの作業ディレクトリが使用されます。
  7. タスクを実行するアプリケーションを選択します。
  8. ツールバーの[Start]をクリックします。

    画面下部に進行状況とエラーログが表示されます。 一部のタスクスクリプトは、Install Captureと仮想マシンが正しく構成されていなければ機能しません。 詳しくは、「Install Capture」を参照してください。