Product Documentation

SDKで使用できるデータ

Jul 08, 2016

このトピックでは、AppDNA SDKを使用してアクセスできるデータについて説明します。

以下の図に示すように、AppDNA SDKによってさまざまなデータ型が公開されます。

データのカテゴリ

以下のデータがSDKにより公開されます。

  • Server - 特定のAppDNAインスタンス(データベース)に対する接続を表します。
  • Application - インストールコマンドの結果を表します。 分析してレポートを作成する対象です。
  • ApplicationGroup - Applicationオブジェクトのコレクションです。 ポートフォリオ内の残りのアプリケーションとは別に、グループ内のアプリケーションを簡単に確認したりレポートを作成したりできます。
  • ApplicationAttributeDefinition - IDを含めた、属性の定義です。
  • ApplicationAttribute - ApplicationとApplicationAttributeDefinitionに関連付けられている値です。
  • OSImage - インポートしたり、レポート結果を条件付けするために使用したりできる、オペレーティングシステムイメージを表します。
  • ReportConfiguration - アプリケーションを分析したりレポートを取得したりできる、レポートエンティティを表します。
  • AlgorithmGroup - アルゴリズムのシステム定義のグループです。
  • Algorithm - アプリケーションに適用できるロジックです。 各アルゴリズムは、対象プラットフォームで問題が発生する可能性のあるアプリケーションを特定するように設計されています。 この問題を持つと特定されるアプリケーションは、アルゴリズムをトリガーするといわれます。
  • Report - ReportConfigurationに含まれるアルゴリズムに対するアプリケーションの分析結果を表します。

SDKの完全なリファレンスについては、http://support.citrix.com/help/appdnasdk/7.0/でクラスリファレンスのドキュンメントを参照してください。 SDKを使用するサンプルソリューションは、http://support.citrix.com/help/appdnasdk/7.0/SampleUserProjects.zipからもダウンロードできます。