Product Documentation

Before snapshotの処理が実行されない

Jul 08, 2016

ここでは、Install Captureの実行時に"Before snapshot"の処理が実行されない場合のトラブルシューティングのヒントを示します。

注:Install Captureの多くの問題は、仮想マシン構成ウィザードを再実行することで診断し、解決できます(多数のチェックを行い、問題が発生した場合には的を絞ったトラブルシューティング情報を提供します)。

Remote Adminの確認

仮想マシンでWindowsのタスクマネージャーを開き、RemoteAdmin.exeが実行されているかどうかを確認します。

  • RemoteAdmin.exeが実行されていない場合は、通例、AppDNA仮想マシン構成ツールのMSIをインストールする必要があります。 仮想マシンの別のスナップショットを作成する必要がある可能性もあります。
  • RemoteAdmin.exeが実行されている場合は、仮想マシン構成がRemote Adminのパスとして誤った場所を参照している可能性があります。 仮想マシン上のRemote Adminの場所を確認します (デフォルトの場所はC:\Program Files\Citrix\AppDNA\VM Configuration、またはC:\Program Files (x86)\Citrix\AppDNA\VM Configuration(64ビット版の仮想マシンの場合)です)。次に、AppDNAが検索する場所を確認し、必要な場合は修正します。

AppDNAによるRemoteAdmin.exeの参照先の確認と修正

  1. AppDNAのメニューで、[Edit][Settings]の順に選択します。
  2. [Settings]ダイアログボックスの左側で、[Install Capture]をクリックします。
  3. [Virtual Machines]タブで、使用する仮想マシン構成を選択し、[Advanced]をクリックします。 [Virtual Machine Configuration]ダイアログボックスが開きます。
  4. [Replaceables]タブをクリックし、AppToolsFolder置き換え可能パラメーターの値が仮想マシン上のRemoteAdmin.exeの正しい場所と一致することを確認します。 AppToolsFolder置き換え可能パラメーターのデフォルト値では、AppDNA VM構成ツールのMSIで作成される%APPDNAVMCONFIG%環境変数が使用されます。この変数にRemote Adminの実際のインストール場所が格納されています。
  5. 必要に応じて、AppToolsFolder置き換え可能パラメーターの値を修正します。
  6. [OK]をクリックして、[Save]をクリックします。
注:独自に作成した実行プロファイルや古い実行プロファイルでは、AppToolsFolder置き換え可能パラメーターを使用してRemote Adminの場所が指定されていない場合があります。 その場合は、実行プロファイルを編集して正しい場所を指定する必要があります。 詳しくは、「実行プロファイルの編集」を参照してください。

仮想マシンがまだ実行されている場合は終了します。 Install Captureを再度実行します。 この方法で問題が解決しない場合は、「Remote Adminの接続のトラブルシューティング」の手順に従ってください。

Remote Adminに問題がない場合

上記の方法でRemote Admin関連の問題を確認して修正した後も、依然としてBefore snapshotの処理が実行されないのに仮想マシンが起動する場合は、次の方法を試してください。

  • [Edit]>[Settings]の順に選択して、仮想マシンに対して[Troubleshoot Errors]チェックボックスをオンにします。
  • 仮想マシンのオペレーティングシステムが、スタートアップ時に自動的にログオンする設定になっていることを確認します。
  • ホストと仮想マシンのIPアドレスが有効であることを確認します。
  • AppDNAマシンから仮想マシンに、また仮想マシンからAppDNAマシンにpingで接続できることを確認します。
  • UNCパス(\\xxx.xxx.xxx.xxx\)。
  • ホストから仮想マシンを、また仮想マシンからホストを参照したときにログオンダイアログボックスが表示されず、パスワードが保存またはキャッシュされていることを確認します。