Product Documentation

Remote Adminの接続

Jul 08, 2016

ここでは、Install Captureの実行中に仮想マシン上のRemote Adminへの接続に関する問題が発生した場合のトラブルシューティングのヒントを示します。 通常、この問題が発生すると、"Before snapshot"の実行が失敗します。

注:Remote Adminは、仮想マシンで発生する処理(Install Captureなど)の間、仮想マシン内で動作するAppDNAエージェントです。 Remote Adminにより、AppDNAと仮想マシンの間の通信がサポートされます。
  • 電源がオフの状態から仮想マシンが起動した場合は、起動が完了しているかどうかを確認します。 コンソールに仮想マシンを表示すると、仮想マシンが起動した時間を簡単に確認できます。
  • 仮想マシンでRemoteAdmin.exeが実行されているかどうかを確認します。 これを行うには、仮想マシンでWindowsタスクマネージャーを開きます。
  • Remote Adminが実行されている場合は、仮想マシンにインストールされたCitrix AppDNA VM構成ツールのバージョンと使用しているAppDNAのバージョンが一致することを確認します。 仮想マシンのCitrix AppDNA VM構成のバージョンを確認するには、[コントロールパネル][プログラムと機能]の順に選択します。 プログラムの一覧で[Citrix AppDNA VM Configuration]をクリックし、サポート情報を表示します。 実行しているAppDNAのバージョンを確認するには、AppDNAのメニューから[Help][About]の順に選択します。
  • Remote Adminが実行されていない場合、このウィザードの操作中にCitrix AppDNA VM構成ツールのMSIを仮想マシンにインストールしたのであれば、仮想マシンを再起動したかどうかを確認する必要があります。 これが確認済みでRemote Adminが実行されていない場合は、Remote Adminを手動で起動する必要があります。 これを行うには、仮想マシンのWindowsエクスプローラーでRemoteAdmin.exeを見つけてダブルクリックします。 デフォルトでは、RemoteAdmin.exeは次の場所で見つかります。C:\Program Files\Citrix\AppDNA\VM Configuration(または、64ビット仮想マシン上のC:\Program Files (x86)\Citrix\AppDNA\VM Configuration)。 次に、Windowsタスクマネージャーを使用して、RemoteAdminが実行されていることを確認します。
  • Remote Adminが実行されていない場合は、通常、仮想マシンにCitrix AppDNA VM構成ツールのMSIをインストールする必要があります。
  • Remote Adminが実行されている場合は、下記の「仮想マシンに対するpingの実行」で説明しているように、ここで入力したIPアドレスまたはホスト名を使用して、AppDNAマシンから仮想マシンに対してpingを実行できることを確認します。 pingの実行が失敗する場合は、入力したIPアドレスまたはホスト名が正しいことを確認します。 仮想マシンがドメインに接続している場合は、完全修飾ドメイン名を使用する必要があります。
  • 仮想マシンまたはAppDNAクライアントマシンのファイアウォールでRemote AdminとのTCP通信が禁止されていないことを確認します。
  • コンソールに仮想マシンを表示しないことを選択した場合は、ウィザードをキャンセルして再度実行してください。 今回は、コンソールに仮想マシンを表示するオプションを使用します。

Remote AdminでTCP通信が可能かどうかの確認

WindowsのTelnetコマンドを使用して、Remote AdminでTCP通信が可能かどうかを確認できます。 仮想マシンを起動し、その仮想マシンではないほかのWindowsマシンからTelnetを使用して仮想マシンに接続します。

これを実行するには、コマンドプロンプトで次の構文を入力します。

telnet  

次に例を示します。

telnet InstallCaptureOS 54593

コマンドコンソールが空白になった場合は、接続が確立していることを意味します。 ここで、Ctrl+]キーを使用して直ちにコンソールを閉じる必要があります(そうしなければ、仮想マシンでRemote Adminを再起動するまで、AppDNAから接続できなくなります)。

注:Telnetがインストールされていない場合は、[コントロールパネル][プログラムと機能]の順に選択してインストールできます。 [Windowsの機能の有効化または無効化]をクリックします。 [Windowsの機能]ダイアログボックスが開きます。 [Telnetクライアント]チェックボックスをオンにして[OK]をクリックします。

Telnetで「に接続中... ホストへ接続できませんでした。ポート:接続に失敗しました」のようなエラーが報告された場合は、Remote Adminが仮想マシンで実行中で、正しいポートでリッスンしていることを確認します。

これを行うには、仮想マシンのコマンドプロンプトで次のコマンドを入力します。

netstat –ab

これらの条件を満たしている場合は、名前解決が正しく機能していることと、正しい名前またはIPアドレスが使用されていることを確認します。 また、仮想マシンまたはAppDNAクライアントマシンのファイアウォールでRemote AdminとのTCP通信がブロックされていないことを確認します。