Product Documentation

仮想マシンが起動しない

Jul 08, 2016

ここでは、Install Captureの実行時に仮想マシンが起動しない場合のトラブルシューティングのヒントを示します。

  • XenServerの一般的なエラーについては、この後の「XenServerのエラー」を参照してください。
  • AppDNAを管理者以外のユーザーで実行していてWindows 8のHyper-Vクライアントを使用する場合は、この問題が発生します。 常に管理者ユーザーでAppDNAが実行されるように構成する手順については、後の「AppDNAを管理者として実行するための構成」を参照してください。
  • vSphereまたはHyper-Vを使用する場合は、[Install Capture]タブの[VM]列のアイコンをクリックします。 「No such host is known」というエラーが表示されたら、後の「[リモートデスクトップ接続]ウィンドウが開かない場合(vSphereまたはHyper-V)」を参照してください。
  • 仮想化技術がインストール、構成、および実行されていて、「Install Capture」の手順に従って仮想マシンとAppDNAマシンがセットアップされていることを確認します。
  • AppDNAの外部から仮想マシンを起動および停止して、仮想マシンが正しく動作していることを確認します。
  • 仮想マシン構成がAppDNA内で正しくセットアップされていることを確認します。 これを最も簡単に行うには、[Install Capture Settings]ページの[Virtual Machine]タブで構成を選択して[Edit]をクリックします。 仮想マシン構成ウィザードが開き、確認が行われて、問題がある場合は有益なフィードバックが提供されます。 特に次の点を確認します。
    • 仮想マシンのIPアドレス(またはDNS名かマシン名)が正しいことを確認します。 仮想マシンのIPアドレスが変更されている場合は、ウィザードで更新する必要があります。
    • 仮想化技術で必要な場合は、サーバーにログオンするためのユーザー名とパスワードが正しいことを確認します。 パスワードの有効期限が切れている場合は、ウィザードで新しいパスワードを入力する必要があります。
    • ウィザードのいずれかの手順で失敗する場合は、「トラブルシューティング」を参照してください。
  • Install Capture」のサポートされている各技術の説明に従って、仮想マシンへの自動ログオンをセットアップします。

XenServerのエラー

Unable to prepare the virtual machine for use. Could not authenticate session. Check your access credentials and try again.

このエラーは、Install CaptureでXenServerへのログオンに使用するユーザー名やパスワードが無効であることを示します。 通常は、パスワードの有効期限が切れていることを示しています。 ユーザー名とパスワードは、暗号化された形式で仮想マシン構成に格納されています。

このエラーを解決するには、仮想マシン構成ウィザードを使用して仮想マシン構成を編集し、新しいパスワードを入力します。 変更を保存し、 Install Captureを再度実行します。

AppDNA is unable to revert the virtual machine to the selected snapshot. This is because the user account provided for accessing XenServer is not authorized to perform the operation.

このエラーは、Install CaptureでXenServerへのログオンに使用するユーザーアカウントに、仮想マシンを元の状態に戻すために必要な権限がないことを示します。 ユーザー名とパスワードは、暗号化された形式で仮想マシン構成に格納されています。

この問題を解決するには、XenServerのユーザーアカウントに必要な権限を割り当てます。 通常は、「VMパワー管理者」の役割が必要です。

AppDNAを管理者として実行するための構成

  1. 必要であれば、AppDNAを閉じます。
  2. WindowsエクスプローラーでAppDNAの主要実行可能ファイル(appTitude.exe)を見つけます。 以下の表は、このファイルのデフォルトの場所を示します。
    マシンの種類 デフォルトの場所
    32ビット C:\Program Files\Citrix\AppDNA\Client
    64ビット C:\Program Files (x86)\Citrix\AppDNA\Client
  3. ファイルを右クリックして、[プロパティ]を選択します。
  4. [互換性]タブをクリックします。
  5. [特権レベルの][管理者としてこのプログラムを実行する]チェックボックスをオンにします。
  6. [OK]をクリックして変更を保存します。

[リモートデスクトップ接続]ウィンドウが開かない場合(vSphereまたはHyper-V)

vSphereまたはHyper-Vの仮想マシンを使用している場合は、AppDNAは[リモートデスクトップ接続]ウィンドウでその仮想マシンを開こうとします。 AppDNAマシンがドメインに参加していても仮想マシンが参加していない、またはその逆など、特定の状況でこの処理が失敗します。 この問題が発生した場合は、AppDNAマシンのhostsファイルにゲストオペレーティングシステムのアドレスを構成すると解決することがあります。 hostsファイルはWindowsで使用されるローカルファイルで、ホスト名をIPアドレスにマップします。これにより、ネットワーク上のマシンを識別できます。

これらの手順が当てはまるかどうかを確認するには:

  1. 未作業である場合は、[Install Capture]タブでアプリケーションを見つけ、[VM]列のアイコンをクリックします。
  2. [AppDNA virtual machine remote controls]ウィンドウに「No such host is known」というエラーが表示される場合は、仮想マシン構成でゲストオペレーティングシステムを識別するために使用されるIPアドレスまたはホスト名を使用して、AppDNAマシンから仮想マシンにpingコマンドを実行します。
  3. pingコマンドが成功する場合は、以下の手順に従ってAppDNAマシンのhostsファイルにゲストオペレーティングシステムのアドレスを構成します。
  4. pingコマンドが成功しない場合は、以下の手順は当てはまらない可能性があります。 その代わりに、仮想マシン構成がAppDNA内で正しくセットアップされていることを確認します。 これを最も簡単に行うには、[Install Capture Settings]ページの[Virtual Machine]タブで構成を選択して[Edit]をクリックします。 仮想マシン構成ウィザードが開き、確認が行われて、問題がある場合は有益なフィードバックが提供されます。

AppDNAマシンのhostsファイルを構成するには

  1. AppDNAマシンのhostsファイルを見つけます。 通常、このファイルの名前は「hosts」で、場所はWindowsのバージョンによって異なります。 通常、Windows 7ではC:\Windows\System32\drivers\etcにあります。
  2. ファイルをメモ帳のようなテキストエディターで開きます。
  3. ファイルに行を追加し、ゲストオペレーティングシステムのIPアドレスとホスト名をタブで区切って指定します。 次に例を示します。
    10.72.105.79      Win7HyperV
  4. ファイルを保存します。

pingコマンドとゲストオペレーティングシステムのIPアドレスを見つける方法については、「仮想マシンの接続」を参照してください。