Product Documentation

データベースのアップグレード

Jul 08, 2016
注:複数のデータベースを使用する環境では、各データベース上でこの構成手順に従って作業します。
  1. データベースソフトウェアが「システム要件」を満たさない場合は、アップグレードします。
  2. 構成ウィザードを実行する前にAppDNAクライアントを停止します。

    必要な場合は、アップグレードによってIISがリセットされます。 IISがリセットされると、AppDNA Webサイトとデータベースの両方をホストするWebサーバーに接続している、実行中のAppDNAクライアント上のインポートおよび分析セッションが終了します。

  3. AppDNA環境構成ウィザードが開く準備ができていない場合は、Windowsの[スタート]メニューから[Citrix AppDNA][Management Tools][Configure AppDNA]の順に選択します。
  4. [Upgrade installation]を選択します。
  5. [Choose Database]ページでアップグレードするデータベースを選択し、必要に応じて[Backup]を選択して[Next]をクリックします。

    ライセンスを検証するため、Platinumライセンスの有効期限とSubscription Advantageのメンテナンス契約がチェックされます。 Subscription Advantageの有効期限が切れている場合は、AppDNAのアクティブ化時に使用されたCitrixライセンスサーバーと通信してライセンスが更新されます。

  6. [Next]をクリックしてシステムチェックを開始します。 システムチェックが失敗する場合は、「システムチェックの問題」を参照してください。
  7. [Upgrade]をクリックしてデータベースのアップグレードを開始します。 これには時間がかかります。