Product Documentation

AppDNAツールのアップグレード

Jul 08, 2016

AppDNAをアップグレードする場合は、使用するInstall Capture、Self-Provisioning、Web Application Captureなどのツールもアップグレードする必要があります。

AppDNAをインストールすると、以下のインストーラーが提供されます。

  • Citrix AppDNA Self-Provisioning Client.msi
  • Citrix AppDNA VM Configuration.msi
  • Citrix AppDNA Web Application Capture.msi

デフォルトでは、これらは次のフォルダーにインストールされます。

Platform インストーラーの場所
32ビット C:\Program Files\Citrix\AppDNA\Tools
64ビット C:\Program Files (x86)\Citrix\AppDNA\Tools

Install Capture

Install Captureを使用する場合は、新しいバージョンのCitrix AppDNA仮想マシン構成ツールのMSIをインストールした新しい仮想マシンスナップショットを作成し、それに応じて仮想マシンの構成を更新する必要があります。 これを行うには、次の操作を行います。

  1. 仮想マシンにログオンします。
  2. Windowsタスクマネージャーを起動します。
  3. Windowsタスクマネージャーの[アプリケーション]タブで、[Remote Admin]をクリックし、[タスクの終了]をクリックします。
  4. [コントロールパネル]>[プログラムと機能]を使用して、既存のCitrix AppDNA VM構成ツールをアンインストールします。
  5. 新しいバージョンのCitrix AppDNA VM Configuration.msiをインストールします。
  6. 仮想マシンの新しいスナップショットを作成します。
  7. 仮想マシン構成ウィザードを実行して、新しいスナップショットを使用する仮想マシン構成を更新します。

Install Capture用の仮想マシンの構成については、「Install Capture」を参照してください。

セルフプロビジョニング

セルフプロビジョニング機能を使用する場合は、セルフプロビジョニングクライアントマシンに新しいバージョンのCitrix AppDNAセルフプロビジョニングクライアントとCitrix AppDNA VM構成ツールのMSIをインストールする必要があります。 新しいバージョンをインストールする前に古いバージョンをアンインストールします。 詳しくは、「セルフプロビジョニングクライアントのインストール」を参照してください。

Web Application Capture

スタンドアロンのWeb Application Captureツールを使用する場合は、古いバージョンをアンインストールしてから、新しいバージョンのCitrix AppDNA Web Application Capture MSIをインストールする必要があります。 これらのツールについて詳しくは、「スタンドアロンのWebアプリケーションキャプチャツールのインストール」を参照してください。