AppDNA

AppDNA 1906

AppDNAは、Citrix Virtual Apps and XenDesktop プレミアムエディション(以前のXenAppおよびXenDesktopプラチナエディション)のアプリケーション移行コンポーネントです。AppDNAにより、企業はアプリケーションの検出、自動化、モデル化、管理を行い、アプリケーションの移行、仮想化、および合理化されたアプリケーション管理を行うことができます。

たとえば、AppDNAは、潜在的な問題を予測し、新しいオペレーティングシステム上のアプリケーションの互換性への明確なパスを示すことで、Windows 10およびWindows Server 2016へのアプリケーションの移行を迅速化するのに役立ちます。

https://www.citrix.com/downloads/appdna/からAppDNAをダウンロードしてインストールできます。

このリリースの拡張機能と新機能については、新着情報を参照してください。

インポート、分析、およびレポート

AppDNAは、さまざまなプラットフォームとのアプリケーションの互換性を自動的に分析します。サポートされている各プラットフォームは、特定のターゲット環境におけるアプリケーションの適合性とパフォーマンスを検証する一連のアルゴリズムを含む個別のレポートによって表されます。

AppDNAプロセスの概要

インポート- アプリケーションはAppDNAの原材料であるため、開始する前にインポートする必要があります。これを行うと、各アプリケーションのファイル、レジストリエントリ、およびAPIの使用状況が調査され、アプリケーションの「DNA」が公開されます。次に、これをSQL Serverデータベースにロードします。社内開発または独立系ソフトウェアベンダー (ISV) から提供されたものに関係なく、デスクトップアプリケーションと Web アプリケーションをインポートできます。

詳細はこちら:アプリケーションのインポート

分析- 分析プロセスを開始するときに、アプリケーションをテストするプラットフォームに対応するレポートを選択します。AppDNAは、アプリケーションポートフォリオに関するすべての情報を組み合わせて、アプリケーションDNAに対してレポートアルゴリズムを実行し、レポートデータを生成して保存します。

詳細はこちら:アプリケーションの分析

レポート- インポートおよび分析プロセスが完了したら、レポート結果を表示できます。分析の結果は、アプリケーションポートフォリオの計画、修正、およびテストに必要な情報を提供する一連のレポートビューに表示されます。

詳細はこちら:レポートビュー

AppDNA 1906