ホームページ

AppDNA Webサイトを使用すると、ローカルのイントラネットユーザーがAppDNA Webクライアントからのレポート結果を表示できます。

AppDNAデータベースへのアクセスに使用するWebサイト認証情報を変更するには

ユーザーアカウントのパスワードが変更された場合は、AppDNA Webサイト上の資格情報を更新する必要があります。これを行うには、AppDNA構成ウィザードを起動し、[インストールの再構成]、[システムの再構成]の順に選択し、データベースを選択します。次に、AppDNA Webサイトの認証情報ステップで資格情報を指定します。ウィザードを完了するには、[スルー] をクリックします。

注:この手順では、必要に応じて IIS のリセットが自動的に実行されます。これにより、このサーバー上の IIS によってホストされている他の Web サイトは、短い間隔で使用できなくなります。

構成ウィザードの操作の詳細については、 サーバーインストールを構成するを参照してください。

Web サイトポートを変更するには

注:AppDNA Webサイト名を変更することは可能ですが、これはお勧めしません。

デフォルトでは、AppDNA Webサイトはポート8199を使用します。デフォルトのポートがすでに使用されている場合にのみ、ポートを変更することをお勧めします。これを行うには、AppDNA構成ウィザードを起動し、[インストールの再構成]、[システムの再構成]の順に選択し、Webサイトを選択します。次に、[Webサイトの構成]手順で新しいポート番号を入力します。0 ~ 1023 または 3500 の範囲のポートなど、既知のポートは使用しないでください。ウィザードを完了するには、[スルー] をクリックします。

Webサイトのポートを変更すると、構成ウィザードによってAppDNAサーバーサイトリスト(XMLファイル)が更新されます。Webサイトに接続しているAppDNAクライアントがある場合は、更新されたサイトリストファイルを各クライアントマシンにコピーする必要があります。

注:次の手順を実行する前に、クライアントサイトのリストファイルをバックアップすることをお勧めします。

  1. AppDNAサーバーマシンで、次のフォルダーにあるSiteList.xmlファイルをコピーします。

    %ProgramData%\App-DNA\AppTitude

  2. 各クライアントマシンでAppDNAを閉じます。

  3. 手順 1. でコピーした SiteList.xml ファイルをすべてのクライアントコンピューター上の次のフォルダーに貼り付けます。

%AppData%\App-DNA\AppTitude