データベース作成

データは、Microsoft SQL Serverデータベースに保存されます。AppDNA環境の構成ウィザードの「データベース作成」手順でデータベースを構成します。

注:ウィザードは、SQL Serverで設定されたデフォルトのデータベース・ファイルの場所に新しいデータベースを作成します。データベースファイルを別の場所に保存するには、ウィザードを実行する前に SQL Server の既定の場所を変更します。

サーバー名 」—「MachineInstance」と入力します。ここで、「マシン」は SQL Server のインストールをホストするマシンの名前、「インスタンス」は「SQL Server」インスタンスです。名前付きインスタンスが使用されていない場合は、バックスラッシュ () を省略します。SQL Server が非標準ポートを使用する場合は、Machine, Port 表記を使用してポートを指定します。ここで、Port はカスタムポート番号です。

データベース名 — 新しいデータベースの名前。データベース管理者が使用するための空のデータベースを作成した場合は、ここにその名前を入力します。それ以外の場合は、既定の名前 AppDNADB を受け入れるか、SQL Server インスタンスに存在しない名前を入力します。

データベース認証 — データベースの作成時に SQL Server に接続するための資格情報。ユーザーアカウントには sysadmin サーバーの役割が必要です。

  • Windows 認証 — この種類の認証では、SQL Server に接続するときに、ログオンしている Windows ユーザーアカウントが使用されます。この種類の認証を使用する場合、ログオンしているユーザーは、パスワードが設定されている Windows ユーザーアカウントを持っている必要があります。
  • SQL Server 認証 」— SQL Server への接続およびデータベーステーブルとデータベーステーブルの作成に使用するユーザー名とパスワードを入力します。

データベース作成