既存の構成

AppDNA環境の構成ウィザードの「既存の構成」手順で、構成する既存の構成要素を指定します。

オプションは次のとおりです。

  • システムの再構成-AppDNAサーバー構成を編集するには、このオプションを選択します。たとえば、別のポートを使用するようにWebサイトを再構成したり、AppDNA Webサイトがデータベースに接続するために使用するユーザーアカウントの新しいパスワードを入力したりします。[Next] をクリックすると、設定の編集手順が開きます。

  • データベースの追加 」— 新しいAppDNAデータベースと、AppDNA内のデータベースへの接続に使用できるサイトを作成するには、このオプションを選択します。[Next] をクリックすると、データベース作成手順が開きます。

    たとえば、デスクトップアプリケーションとは別に Web アプリケーションをテストする場合に、複数のデータベースを持つと便利です。複数のデータベースを使用することは、複数の顧客のアプリケーションポートフォリオを同時にテストする必要があるシステムインテグレータにとっても役立ちます。詳しくは、データベースを参照してください。

  • 既存のデータベースの追加 — AppDNAインストールに既存のAppDNAデータベースを追加するには、このオプションを選択します。たとえば、このオプションを使用して、別のSQL Serverマシンにある古いデータベースをAppDNA Webサイトに追加できます。ウィザードでは、必要に応じてデータベースが自動的にアップグレードされ、AppDNA内のデータベースへの接続に使用できるサイトが作成されます。[Next] をクリックすると、既存のデータベースの追加手順が開きます。

[既存の構成] ステップを開くには

  1. AppDNAサーバーマシンの「スタート」>「プログラム」メニューから、「Citrix AppDNA」>「管理ツール」>「AppDNAの構成」の順に選択します。
  2. AppDNA環境の構成ウィザードの最初の手順で、「インストールの再構成」を選択し、「次へ」をクリックします。

既存の構成