サイト

サイトとは、名前付きデータベースとAppDNA Webサイトの組み合わせです。AppDNAは、サイトを使用してAppDNAクライアントを指定されたデータベースに接続します。

  • 統合ログインまたは自動ログインを使用しない限り、AppDNAにログオンするときに使用するサイトを指定できます。
  • ログオン後、AppDNA画面の左下隅にある「サイトの切り替え」リストを使用して、データベースを切り替えることができます。
  • これらのコントロールの両方に表示される既定のサイトを変更できます。

サイトを管理するには、次の手順に従います。

  • AppDNAメニューから、「管理」>「サイト」を選択します。

サイトを追加または削除する

複数のデータベースを持つ機能は、たとえば、デスクトップアプリケーションとは別にWebアプリケーションをテストしたい企業にとって便利です。複数のデータベースを使用することは、複数の顧客のアプリケーションポートフォリオを同時にテストする必要があるシステムインテグレータにとっても役立ちます。通常、すべてのサイトは異なるデータベースを使用しますが、すべてのサイトで同じAppDNA Webサイトを使用します。すべてのサイトで同じAppDNA Webサイトを使用する場合は、新しいバージョンのAppDNAをインストールするときに、それらが指すすべてのデータベースをアップグレードする必要があります。

現在のAppDNAクライアントマシンとユーザーのサイトを追加または削除できます。

サイトを追加するには

  1. [サイトの管理] 画面の上部で、[使用可能なデータベースの取得] をクリックします。

  2. 新しいサイトの基にするデータベースをクリックし、[リストに選択を追加] をクリックします。

    AppDNAは、このデータベースに基づいて新しいサイトを作成します。

  3. [サイトリスト] で新しいサイトをクリックし、サイトの詳細と場所を入力して、[保存] をクリックします。

サイトを削除するには

  • [サイトリスト] でサイトを選択し、[削除]、[保存] の順にクリックします。

サイトを削除しても、関連付けられたデータベースは削除されません。

既定のサイトを定義する

AppDNAはデフォルトサイトに接続します。既定のサイトを変更するには、次の手順に従います。

  • [サイトリスト] でサイトを選択し、[既定に設定] をクリックし、[保存] をクリックします。

サイトのインポートまたはエクスポート

複数のAppDNAクライアントマシンおよびユーザー間でサイト名と構成を標準化するには、[サイトの管理]ツールバーの[エクスポート]をクリックしてサイトをエクスポートします。次に、エクスポートしたファイルを他のAppDNAユーザーに送信し、ユーザー自身のマシンにインポートするように依頼します([サイトの管理]ツールバーの[インポート]をクリックします)。

サイトをエクスポートすると、AppDNAはリストされているすべてのサイトの構成設定をXMLファイルに保存します。

サイト