AppDNA

オペレーティングシステム

一部のAppDNAアルゴリズムは、1つ以上のオペレーティングシステム(OS)イメージに対してアプリケーションDNAを分析します。これらのアルゴリズム:

  • OS によって提供される機能に依存するアプリケーションをテストします。

    これらのアルゴリズムでは、AppDNAデータベースにロードされたOSイメージDNAが調査されます。たとえば、Internet Explorer のレポートでは、Windows OS イメージのレジストリエントリをチェックして、関連する ActiveX コンポーネントが登録されているかどうかを確認します。

  • 移行元の OS ファミリと移行先の OS ファミリのイメージに対して、アプリケーションの DNA を分析します。

    この分析は、アプリケーションがプラットフォーム間で移行された場合の変更の影響を示します。AppDNAでは、関連する各OSファミリのデフォルトOSイメージのセットが提供されます。独自のカスタムOSイメージをインポートすることもできます。

ベスト・プラクティス

  • レガシープラットフォームに展開し、ターゲットプラットフォームに展開する予定の実際のOSイメージをAppDNAにインポートします。詳しくは、オペレーティングシステムイメージを参照してください。
  • OS ファミリごとに、メイン OS イメージを、そのファミリのデフォルト OS イメージとして設定します。詳しくは、OS イメージの設定を参照してください。
  • デフォルトのレガシー OS が意図したものであることを確認します。Windows XP および Windows Server 2003 では、既定のイメージは 32 ビットです。Windows 8.1、Windows 7、Windows サーバー 2012、および Windows サーバー 2008 では、既定のイメージは 64 ビットです。デフォルトを変更するには、[編集] > [設定] > [OS イメージ設定] の順に選択します。

OSイメージ依存アルゴリズム

OS によって提供される機能への依存性についてアプリケーションをテストするアルゴリズムは、OS イメージ依存アルゴリズムと呼ばれます。これらのアルゴリズムは、次のようなさまざまな OS イメージ情報をチェックします。

  • API を使用します
  • 証明書ストア
  • 各固定ドライブパーティションのファイル管理システム
  • グループポリシーオブジェクト (GPO) 注:有効な GPO との互換性がないことは、アプリケーションを別の OS ビルドに移動した後にエラーが発生する主な理由の 1 つです。AppDNA GPOチェックには、16ビットアプリケーションへのアクセスを防止、コントロールパネルアプレットの実行防止、インターネット通信の制限、Windowsインストーラーの制限または無効化、IISインストールの防止などのポリシーが含まれます。
  • レジストリ情報
  • 一部の権限の互換性設定

OSイメージ依存アルゴリズムのほとんどは、ターゲットOSファミリのOSイメージをチェックするだけです。アプリケーションを分析して、OSイメージ依存アルゴリズムを含むレポートを作成する場合、AppDNAにインポートされた関連するOSファミリ内のすべてのOSイメージの情報がチェックされます。

アルゴリズムの結果は、OS イメージごとに異なる場合があります。したがって、レポートビューの 1 つで結果を表示すると、アルゴリズム結果とアプリケーション全体の RAG ステータスは、選択した OS イメージによって異なります。

OSイメージのデルタアルゴリズム

OSイメージをAppDNAにインポートする場合、そのイメージがレガシーまたはターゲットOSイメージのどちらであるか、およびAppDNAにロードされた他のOSイメージとの関係を指定します。たとえば、Windows 7 から Windows 10 への移行に取り組んでおり、組織に Windows 7 および Windows 10 用の標準ラップトップイメージがあるとします。これらをAppDNAにインポートする場合、次の項目を定義します。

  • Windows 10ラップトップイメージのレガシーイメージとしてのWindows 7ラップトップイメージ
  • Windows 7ラップトップ・イメージのターゲット・イメージとしてのWindows 10ラップトップ・イメージ

その後、AppDNAはAPI、機能、GPO、およびレガシーイメージにあるがターゲットイメージにはないその他の設定に関する情報を計算して保存します。これは OS イメージデルタと呼ばれます。

OS イメージのデルタアルゴリズムは、OS イメージのデルタの機能に依存し、ターゲットプラットフォームで障害が発生する可能性が高いアプリケーションを検出します。アプリケーションを分析して、OSイメージデルタアルゴリズムを含むレポートを作成する場合、AppDNAは、相互にレガシーおよびターゲットOSイメージとして構成されている関連するOSイメージのペア(例ではWindows 7およびWindows 10)ごとに、OSイメージのデルタをチェックします。したがって、いずれかのレポートビューで結果を表示すると、選択したレガシ OS イメージとターゲット OS イメージによって結果が変わることがあります。通常、OSファミリのメイン(ベースまたは「ゴールド」)OSイメージを、そのOSファミリのデフォルトOSイメージとして設定します。

一部のOSイメージデルタアルゴリズムは、不足している機能を提供するアプリケーションポートフォリオをチェックします。このコンテキストのアルゴリズムポートフォリオは、分析の実行時にAppDNAにインポートされたすべてのアプリケーションです。たとえば、Windows 7 が Windows 10 が既定では提供しない特定の DLL を提供しているとします。つまり、そのDLLに依存するアプリケーションは、Windows 10ではデフォルトでは動作しません。ただし、DLL が別のアプリケーションと共に自動的にインストールされることがあります。

通常、OSイメージのデルタアルゴリズムは、ペアになっています。

  • 1つは、レガシーOSイメージによって提供されたが、ターゲットOSイメージまたはポートフォリオ内の他のアプリケーションによって提供されていない機能に依存するアプリケーションを識別します。
  • もう 1 つは、ポートフォリオ内の他の 1 つ以上のアプリケーションによって提供される OS イメージのデルタの機能に依存するアプリケーションを識別します。是正レポートビューには、必要な機能とそれを提供するアプリケーションが表示されます。

ペアの両方のアルゴリズムの結果は、インポートされた他のアプリケーションによって異なるため、さらにアプリケーションをインポートした後にアプリケーションを再分析すると、結果が変わる可能性があります。

カスタムイメージのインポート

AppDNAは、独自のイメージをインポートすることで、デフォルトのイメージではなく、環境内で実際に使用するイメージに基づいて分析できます。オプションで、各OSファミリに複数のイメージをインポートできます。これは、組織に 2 つ (またはそれ以上) の OS の企業ビルド (ラップトップ用、デスクトップ用) がある場合に便利です。

独自の OS イメージをインポートした後、インポートされた他のイメージとの関係を指定します。たとえば、Windows 7 から Windows 10 への移行に取り組んでいるとします。組織では、これらの OS の標準ノート PC およびデスクトップイメージを使用できます。4 つのイメージをインポートし、Windows 7 ラップトップイメージを Windows 10 ラップトップイメージのレガシイメージとして、Windows 7 デスクトップイメージを Windows 10 デスクトップイメージのレガシイメージとして定義するように構成します。次の図は、これらの関係を表しています。

ローカライズされた画像

次に、アプリケーションを分析してWindows 10レポートを作成するときに、Windows 7とWindows 10ラップトップイメージの間、およびWindows 7とWindows 10デスクトップイメージの間の変更が比較されます。レポートを表示するには、ラップトップイメージとデスクトップイメージのどちらのレポートを表示するかを選択します。

また、OS イメージ分析を実行する各レポートに対して、デフォルトの OS イメージまたは OS イメージのペアを定義します。これはOS イメージの設定値で行います。

複数のレガシー OS を定義できます。モジュール構成ウィザードでレガシーオペレーティングシステムを指定します。

ペア画像のインポート例

オペレーティングシステム