AppDNA

Forward Pathスクリプトの作成と編集

Forward Pathシナリオおよびタスク・スクリプトを作成および編集するには、Forward Pathロジック・エディタを使用します。既定では、シナリオとタスクスクリプトを Visual Basic .NET 2.0 (VB .NET) で記述します。Visual Basic .NET の包括的なドキュメントについては、http://msdn.microsoft.com/en-gb/library/2x7h1hfk.aspxを参照してください。

  • スクリプトの構造の詳細については、Forward Pathの仕様を参照してください。
  • 手順を追ったチュートリアルについては、Forward Pathの例を参照してください。

Forward Pathロジック・エディタを開くには、次の手順に従います。

  • AppDNAメニューから、「構成」>「Forward Path」を選択します。

デフォルトでは、Forward Path Logic Editor 画面は 3 つのセクションに分かれています。これらについては、以下の別個の見出しで説明します。

メインツールバー

画面上部のメインツールバーには、次のオプションがあります。

「新規シナリオ 」— 新しいシナリオスクリプトを作成します。このボタンをクリックすると、新しいシナリオの名前と説明を入力できるダイアログボックスが開きます。「OK」をクリックすると、AppDNAによって基本シナリオが作成され、「エディタ」ウィンドウが開き、編集できるようになります。

「新規タスクスクリプト」 — 新しいタスクスクリプトを作成し、シナリオの「結果」列の特定の値に関連付けます。このボタンをクリックすると、「Forward Path Task Script」ダイアログボックスが開き、エディタで開いているシナリオの「結果」列に可能な値が一覧表示されます。タスク・スクリプトを関連付ける値を選択し、説明を入力して、「OK」をクリックします。詳細については、後述の「Forward Path タスクスクリプト] ダイアログボックス」を参照してください。

「テスト」(Test )-単純なシナリオスクリプトをテストするために使用します。[アプリケーションリスト] で現在選択されているアプリケーションに対してスクリプトが実行され、[出力] タブに結果が表示されます。ただし、この機能は、グループ化しますなどの高度なForward Path機能の一部をサポートしていません。より高度なシナリオの場合は、通常の方法でレポートビューアに表示してシナリオをテストする必要があります。

Export :1つまたは複数のシナリオおよびタスク・スクリプトをXMLファイルにエクスポートします。たとえば、バックアップを作成します。[Forward Pathシナリオエクスポート] ダイアログボックスが開き、エクスポートするスクリプトを選択できます。

「インポート 」-以前にエクスポートしたシナリオまたはタスク・スクリプト・ファイルをインポートします。

メインセクション(左上)

画面のメインセクションには、次の 2 つのタブがあります。

エディタ 」タブ-Forward Pathシナリオおよびタスクスクリプトを作成および編集するために使用します。ツールバーには、次のオプションがあります。

保存」(Save) — エディタで開いているスクリプトに加えた変更を保存します。

プロパティ 」-エディタで現在開いているスクリプトの名前と説明を表示および編集します。

表示と非表示 :クリックすると、エラーとサイドバイサイドビューア(画面下部)の表示と非表示を切り替えることができます。

「別ウィンドウ」 -エディタを別のウィンドウで開きます。

タスクスクリプトヘルプ -タスクスクリプトで使用できるAppDNA APIのドキュメントを表示します。

出力 」タブ-メインツールバーの「テスト」をクリックすると、シナリオスクリプトの出力が表示されます。出力は、アプリケーションをグループ化する高度な機能がシナリオに含まれている場合でも、追加の書式設定情報なしでフラットリストとして表示されます。より高度なシナリオの場合は、通常の方法でレポートビューアに表示してシナリオをテストする必要があります。

エクスプローラ (右側)

エクスプローラには、次の 3 つのタブがあります。

シナリオ -AppDNAに付属するサンプルシナリオと、使用可能なその他のシナリオが一覧表示されます。シナリオをクリックしてエディターで開き、「エクスプローラ」タブの下部に説明を表示します。1 つのシナリオが太字で表示され、アクティブなシナリオであることが示されます。これは、Forward Pathレポートを表示すると、デフォルトで選択されることを意味します。シナリオをアクティブシナリオとしてマークするには、シナリオを右クリックし、ショートカットメニューから「アクティブに設定」を選択します。

「タスクスクリプト」 — AppDNAに付属するサンプルタスクスクリプトと、使用可能なその他のタスクスクリプトが一覧表示されます。タスクスクリプトをクリックして、エディタで開きます。タスクスクリプトは、アクティブまたは非アクティブとして表示されます。「アクティブ」は、アクティブなシナリオに関連付けられていることを意味します。

プロパティエクスプローラ -シナリオスクリプトで使用できるAppDNAプロパティが一覧表示されます。プロパティ名は、ほとんど自明です。ただし、MOE プロパティは Active Directory および ConfigMgr からインポートされたデータに関連しており、RAG プロパティはカスタム RAG です。

エラーとサイドバイサイドビューア(左下)

[エラー] ビューアーと [並べて表示] ビューアーには、次の 2 つのタブがあります。

エラー/警告 」-現在のスクリプトで検出されたエラーまたは警告を表示します。

Side by Side Viewer — メインエディタで編集中のスクリプトと並んで別のスクリプトを表示する場合に使用します。これを行うには、「エクスプローラ」タブでシナリオまたはタスク・スクリプトを選択し、右クリックして「並べて表示」を選択します。

[Forward Pathタスクスクリプト] ダイアログボックス

次のいずれかの操作を行うと、[Forward Pathタスクスクリプト] ダイアログボックスが表示されます。

  1. メインツールバーの [新しいタスクスクリプト] をクリックします。
  2. 「シナリオ・エクスプローラ」タブでシナリオを右クリックし、ショートカット・メニューから「新規タスク・スクリプト」を選択します。

[Forward Pathタスクスクリプト] ダイアログボックスのオプションは次のとおりです。

関連結果 」-「エディタ」ウィンドウで現在開いているシナリオによって、「結果」列に生成可能な値がリストされます。

[結果が表示されませんでした ] — [関連付けられた結果] ドロップダウンリストで可能な値のリストを更新するには、このチェックボックスをオンにします。それでも期待する値が表示されない場合は、シナリオスクリプトへの変更を保存していることを確認し、エディタで正しいシナリオが開いていることを確認します。

[説明 ]: 完全な説明を入力することをお勧めします。

Forward Pathスクリプトの作成と編集