実行プロファイルの実行

実行プロファイルの実行方法は、Install Capture、セルフプロビジョニング、Forward Pathのいずれを使用しているかによって異なります。このトピックでは、これらのすべての手順について説明します。

Install Captureを使用して実行プロファイルを実行するには、次の手順に従います

注:Install Captureは、仮想マシン構成を使用して、仮想マシンに接続して管理するためにAppDNAに必要なすべての情報を保存します。

  1. [アプリケーションのインポート] 画面の [Install Capture] タブで、ツールバーの [参照]、[検索]、または [リストからインポート] をクリックして、インポートする.exe またはその他のインストールファイルを選択します。

    UNC パス (192.168.50.20ソースアプリケーション.exe またはマシン名ソースアプリケーション.exe など) を使用してファイルを指定してください。

  2. 「Install Capture」タブのアプリケーションリストで、実行プロファイルを実行するアプリケーションの左側にあるチェックボックスをオンにします。

  3. [Install Capture] タブのツールバーで、使用する仮想マシン構成を選択します。

    仮想マシン構成では、実行プロファイルが実行される仮想マシンの詳細を指定します。この仮想マシンは、実行プロファイル用に適切に設定する必要があります。たとえば、App-V 5.1 Sequencer実行プロファイルには、Microsoft Application Virtualization 5.1 Service Pack 1 をインストールする必要があります。

  4. [Install Capture] タブのアプリケーションの一覧で、アプリケーション名の左側にある [+] をクリックして、アプリケーションのオプションパネルを開きます。次に、最初のドロップダウンリストで、実行する実行プロファイルを選択します。

  5. [Install Capture]タブのツールバーで、[インポート]をクリックします。これにより、選択した実行プロファイルおよび仮想マシン構成で指定された仮想マシンで定義されたInstall Capture処理が開始されます。キャプチャが完了すると、アプリケーションはAppDNAに自動的にインポートされます。

注:実行プロファイルをカスタマイズしている場合、カスタマイズされたバージョンはアップグレードされません。実行プロファイルの組み込みバージョンがアップグレードされます。カスタマイズしたプロファイルを更新することをお勧めします。 詳細については、実行プロファイルを参照してください。

セルフプロビジョニングを使用して実行プロファイルを実行するには

セルフプロビジョニングでは、AppDNA自体にアクセスできないエキスパートエンドユーザーがアプリケーションキャプチャを実行するためのメカニズムが提供されます。要約すると、手順は次のとおりです。

  1. 管理者は、AppDNAのインポートアプリケーションのメイン画面にある「セルフプロビジョニング」タブを使用して、キャプチャの手順を設定します。

    この手順の実行中、管理者はInstall Captureの実行プロファイルを選択するのと同様の方法で使用する実行プロファイルを選択します。

  2. 管理者は、セルフプロビジョニングクライアントマシンを特定の実行プロファイル用にセットアップするように手配します。

    たとえば、App-V 5.1 Sequencer実行プロファイルには、Microsoft Application Virtualization 5.1 をインストールする必要があります。

  3. 管理者は指示をエンド・ユーザーに送信し、その後、セルフプロビジョニング・クライアント・マシンでキャプチャを実行します。

    詳しくは、セルフプロビジョニングを参照してください。

Forward Pathを使用して実行プロファイルを実行するには、次の手順に従います

Forward Pathは、シナリオおよびタスクスクリプトによって制御されます。Forward Pathタスクスクリプトは、実行プロファイルを実行できます。これを行うには、タスクスクリプトで、プロダクションマネージャー.実行プロファイルの関数を呼び出します。この関数の構文は次のとおりです。

Public Shared Sub RunExecutionProfile ( _
    controller As IActionController, _
    profile As ExecutionProfileBuilder, _
    profile_replaceable_values As Dictionary(Of String, String), _
    vm_config_name As String _
)
パラメータ 説明
Controller このオブジェクトは、実行時に自動的にスクリプトに渡され、たとえば、現在のアプリケーションに関する情報へのアクセスを提供します。
プロファイルを作成します 実行プロファイルの名前を渡すために使用します。
置き換え可能値 置換可能な名前と値のペアのリストを渡すために使用します。
vm_config_name を使用して、使用する仮想マシン構成の名前を渡します。

たとえば、次のようになります。


Dim replaceables As New Dictionary(Of String, String)

' Set the SequenceName replaceable
replaceables.Add("SequenceName", controller.Application.Name)

' Activate auto-clicker
replaceables.Add("UseAutoClick", "--use-autoclick")

ProductionManager.RunExecutionProfile(controller, _
    "App-V 5.1 Sequencer", replaceables, "App-V VM Configuration")

詳しくは、Forward Pathを参照してください。