Hyper-V 仮想マシン

仮想マシン構成ウィザードの Hyper-V 仮想マシンの手順で、Install Captureに使用する Hyper-V 仮想マシンを選択します。

仮想マシン — ウィザードには、前の手順で指定した Hyper-V ホストサーバーで使用できる仮想マシンが一覧表示されます。使用する仮想マシンを選択します。これは、このAppDNAクライアントから実行されるInstall Captureで使用する専用の仮想マシンである必要があります。AppDNAを管理者として実行します。

AppDNAを管理者として実行するように構成する

  1. 必要に応じて、AppDNAを閉じます。
  2. Windowsエクスプローラで、AppDNAのメイン実行可能ファイル(appTitude.exeと呼ばれます)を見つけます。次の表は、このファイルのデフォルトの場所を示しています。
  3. ファイルを右クリックし、ショートカットメニューから「プロパティ」(Properties) を選択します。
  4. [互換性] タブをクリックします。
  5. [特権レベル] で、[管理者としてこのプログラムを実行する] チェックボックスをオンにします。
  6. [OK] をクリックして変更を保存します。
機械タイプ デフォルトの場所
64-bit C:\Program Files\Citrix\AppDNA\Client