vSphere ホストの詳細

仮想マシン構成ウィザードの vSphere ホストの詳細ステップで、Install Captureに使用する vSphere ホストサーバへの接続に必要な詳細を入力します。

[ホスト名/ IP アドレス ]:vSphere ホストサーバの IP アドレスまたは DNS 名を入力します(これは、VMware vCenter サーバではなく、vSphere ESXi Hypervisorサーバです)。たとえば、182.31.32.28 または server.domain.com と入力します。

[ユーザー名 ] — ESXi 上のローカルユーザーアカウントのユーザー名を入力します。標準のドメインアカウントではなく、パスワードが期限切れにならないように設定されている専用のvSphereユーザーアカウントの使用をお勧めします。アカウントの作成手順については、以下の「ホスト (Hypervisor) でローカルユーザーアカウントを作成する」を参照してください。

少なくとも、ユーザーアカウントには、仮想マシンの電源のオンとオフ、仮想マシンのリセットとサスペンド、およびスナップショットの作成と復帰を行う権限が必要です。これらの権限を vSphere ユーザーアカウントに割り当てる手順については、後述の「vSphere ユーザーアカウントへの権限の割り当て」を参照してください。

「パスワード 」— アカウントのパスワードを入力します。

重要:今後パスワードが変更された場合は、このウィザードを再度実行して新しいパスワードを入力する必要があります。

[Test ]:クリックすると、指定したvSphereホストサーバーにAppDNAが接続できることを確認します。このボタンをクリックしない場合、ウィザードは [次へ] をクリックしたときにこのチェックを実行します。

ホスト(Hypervisor)でローカルユーザーアカウントを作成する

  1. 管理ユーザーアカウントを使用して VMware vSphere Client にログオンし、Hypervisor ホスト(vCenter サーバではなく)の IP アドレスを入力します。
  2. 「ホーム」>「在庫」の順に選択します。
  3. ホストを選択し、[ローカルユーザーとグループ] タブをクリックします。
  4. ウィンドウ内を右クリックし、[追加] を選択します。
  5. 要求された詳細を入力し、[OK] をクリックします。

vSphere ユーザーアカウントへの権限の割り当て

管理者は、次のように vSphere ユーザーアカウントに権限を割り当てることができます。

  1. 管理ユーザーアカウントを使用して VMware vSphere Client にログオンします。
  2. [ホーム] > [管理] > [ロール] に移動します。
  3. ウィンドウ内を右クリックし、[追加] を選択します。
  4. 「Install Captureユーザー」などの役割の名前を入力し、次の権限を選択します。
    • 仮想マシン > インタラクション > パワーオフ
    • 仮想マシン > 対話 > 電源オン
    • 仮想マシン > 対話 > リセット
    • 仮想マシン > 対話 > 中断
    • 仮想マシン > 状態 > スナップショットの作成
    • 仮想マシン > 状態 > スナップショットに戻す
  5. [ OK] をクリックします。
  6. 「ホーム」>「在庫」の順に選択します。
  7. [権限] タブで右クリックし、[権限の追加] を選択します。
  8. [アクセス許可の割り当て] ダイアログボックスで、[追加] をクリックします。
  9. [ユーザーとグループの選択] ダイアログボックスで、アクセス許可を割り当てるユーザーを選択し、[追加] をクリックします。
  10. [ OK] をクリックします。[権限の割り当て] ダイアログボックスに戻ります。このダイアログボックスでは、ユーザーが左側に表示されます。
  11. [権限の割り当て] ダイアログボックスの右側にあるドロップダウンボックスで、前に作成したロールを選択します。
  12. [ OK] をクリックします。

vSphere ホストの詳細